<靖国神社>麻生副総理が参拝

  
麻生副総理が靖国に参拝。

靖国は、国のために戦い亡くなった人を祀る神社。
閣僚が参拝して当然です。

他の国にとやかく言われる筋合いはありません。
ましてや、中国や韓国が嫌がるのなら、なおさらやらなければなりません。


<靖国神社>麻生副総理が参拝
毎日新聞 4月21日(日)21時15分配信

 麻生太郎副総理兼財務相は21日夜、東京・九段北の靖国神社を春季例大祭に合わせて参拝した。本殿には進まず、拝殿前で一礼する社頭参拝だった。中国、韓国との関係改善が安倍内閣の外交課題になる中、正式参拝の形にはせず配慮したとみられるが、中韓両政府が反発する可能性がある。一方、安倍晋三首相は供え物の「真榊(まさかき)」を同神社に奉納し、21日に神前に供えられた。

 同神社によると、真榊は「内閣総理大臣安倍晋三」名義で費用は5万円。首相は第1次安倍内閣の2007年にも春季例大祭に真榊を奉納したが、参拝は見送った。今年も23日までの例大祭中は参拝しない方向だ。麻生氏は外相、首相在任中には参拝していなかった。

 古屋圭司拉致問題担当相と加藤勝信官房副長官も21日、同神社を参拝した。新藤義孝総務相も20日に参拝しており、安倍内閣の閣僚の参拝は麻生氏で3人になった。これに関連し、政府高官は21日、「安倍内閣としては、参拝は閣僚自身で判断することだ」と述べ、閣僚に統一的な行動は求めていないことを明らかにした。

 公明党の山口那津男代表は21日、さいたま市での記者会見で「どういう説明をしても外交的な影響が出てくるのは避けられない」と不快感を表明した。【朝日弘行、福岡静哉】



韓国外相の訪日中止 首相の靖国奉納に抗議か
スポニチ

 韓国外務省当局者は22日、今月末の開催で日本と調整していた尹炳世外相の訪日と、岸田文雄外相との会談を中止したと明らかにした。

 聯合ニュースは、安倍晋三首相が靖国神社に供物を奉納するなどしたことに対する抗議と報じた。同ニュースによると、外務省当局者は「このような雰囲気の中で会談しても生産的な議論は難しい」と述べた。

 尹氏の訪日は、当初4月末にも見込まれた日中韓3カ国外相会談の開催の見通しが立たないことから計画されていた。歴史問題を理由にした今回の会談中止で、日韓関係は当面、冷却局面が続くことが確実になった。(共同)

[ 2013年4月22日 10:41 ]



 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

「靖国で会おう」の約束

日本人なら靖国神社に参拝するのは、自然で当たり前のこと。
歴史の中で戦死された方々を、後世の国民は忘れてはならない。
息子を戦場に送った母の心情も。

十八歳から二十歳の特攻隊員、出撃1時間半前の写真だそうです。
http://blog-imgs-53-origin.fc2.com/n/e/z/nezu621/201209092227359a4.jpg





Re: 「靖国で会おう」の約束

星の王子さん、

時間があれば、知覧(鹿児島)の特攻平和会館も訪ねると良いと思います。
ここから、若者たちが旅立っていきました。

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters