FRB議長、退任暗示か?

 
FRBのバーナンキ議長。

退任が示唆されているのだとか。
今の任期は、来年(2014年)の1月まで。

さて、これには何かの裏があるのかな??
前任者(グリーンスパン)は、20年も務めていたけど。


FRB議長、退任暗示か=夏恒例の会合欠席-米
時事ドットコム

 【ワシントン時事】米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長が、毎年夏に基調講演を行っていた市場の注目が集まる会合を初めて欠席する。これに関し、市場関係者の間では2014年1月末の任期終了後は続投しないことを暗示しているとの臆測が広がっており、米メディアの間でも後任候補をめぐる報道が既に過熱気味だ。
 会合は8月にワイオミング州ジャクソンホールで開かれ、各国の中央銀行トップらが集う経済シンポジウム。FRB議長は毎年冒頭で講演し、バーナンキ議長も就任後の06年以来、景気見通しや金融政策について発言してきた。
 FRB広報担当者は、欠席について「個人的な理由で都合がつかない」と説明する。FRBが打ち出す追加緩和などを示唆する場としても市場の関心が高かった講演だけに、「退任を示唆している」「最後の舞台で称賛の的になるのを避けたかった」などの見方が出ている。
 一方で、有力な後任候補としてイエレン副議長に関する報道も目立ち始めており、ニューヨーク・タイムズ紙は4月24日付電子版で早くもさまざまなエピソードを紹介。かつてFRB理事だったイエレン氏を当時のグリーンスパン議長が高く評価し、「(イエレン氏の)主張は事実に基づいており、常に注目している」と語ったとしている。(2013/05/02-18:01)



連邦準備制度ができたのが、1913年12月23日。
多くの議員がクリスマス休暇を取っている中、その隙をついて法案が成立したのは、結構有名な話。

今年末で、その時からちょうど100年。
99年だか、100年だかの時限立法だとの噂も耳にしますが。

  
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと。 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters