川口委員長の解任問題

 
どっちもどっちかなぁ?
私にはそうは思えないけど。

ミンス党はともかくとして、維新やみんなの党は、解任決議案に賛成したら評判を落とすだけだと思うけど。


「どっちもどっち」川口委員長の解任問題 与野党のお粗末
ZAKZAK 2013.05.08


 夏の参院選を見据えて、与野党対立が激化してきた。川口順子参院環境委員長(自民党)について、野党側は「国会の許可を得ないまま中国訪問を延長して環境委が中止になった」として解任決議案を提出し、与党側は「日中関係改善に向けた国益のための行動だ」などと猛反発しているのだ。経済の好調を受けて安倍晋三首相率いる自民党ペースで国会が推移するなか、国民世論は与野党どちらの言い分を支持するのか。

 民主党や、みんなの党など野党7党は7日、川口氏の解任決議案を参院に共同提出した。参院は野党が多数を占めており、8日以降の参院本会議で可決される公算が大きい。

 決議案などによると、川口氏は参院議院運営委員会の了解を得て、4月23、24両日、中国に滞在した。この際、中国外交を取り仕切る楊潔●(=簾の广を厂に、兼を虎に)(よう・けっち)国務委員との会談が急きょ入り、川口氏が帰国を遅らせたため、25日の環境委は中止になった。野党側は決議案で「職責を自ら放棄したことも同然で、断じて容認できない」としている。

 これに対し、自民党の脇雅史参院国対委員長は7日の記者会見で「中国滞在の延長手続きをすぐに進めたが、野党が応じなかった。手続きを拒否したうえで解任決議を出すのは政局のための活動だ」と反発した。

 自民、公明両党は8日午前、対応を協議。自公両党は決議案提出に反発し、同日午前の参院予算委員会集中審議を欠席した。

 政治評論家の森田実氏は「与野党どっちもどっち。本来は謝罪で済む話だ。自民党は先手を打って、水面下で穏便に済ませる交渉力がなくなったうえ、圧倒的な力を握って傲慢になっている面がある。野党側はその傲慢さに感情的に反発しているほか、自民党にばかり国民の支持が集まるため『やっと結束して一矢報いることができる』と考えている」と語った。

 一方、政治評論家の屋山太郎氏は「子どものケンカだ。環境委員長として、中国の要人と会談することは国益につながる可能性がある。民主党は尖閣国有化で日中関係を悪化させたうえ、これまで『(中国と)対話しろ』と言ってきたのに、実際に対話しようとしたら手続き論で反発している。ケンカの大義名分を探していたようにしか見えない」と、野党の姿勢を批判した。



 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters