細野幹事長「自民と維新は歴史認識が酷似」

 
ミンス党の細野幹事長。

維新と自民の歴史認識が酷似しているとして、自民党を追い込むつもりなのだとか。
そういうミンス党の認識は、中国や韓国に酷似していますが。(笑)

いつものブーメランが炸裂しそうです。
3年3ヶ月の政権運営で、もう国民にはばればれです。

気が付いていないのは、本人だけなのでしょうね。
そろそろ学習した方が良いかと。


0増5減、参院で駆け引き=民主、歴史認識追及へ-国会
時事ドットコム


 政府・与党は週明けからの国会で、6月26日の会期末をにらみ、積み残しとなっている法案の処理を加速させる。成年被後見人に選挙権を付与する公職選挙法改正案などは、野党の協力も得て成立が確実な情勢。一方、衆院小選挙区を「0増5減」して区割りを変更する公選法改正案は、民主党の出方によって成立時期が左右される。与党は参院で否決されれば、衆院で3分の2以上の賛成で再可決させる構えだ。

 成年被後見人に選挙権を与える公選法改正案は21日に衆院を通過、24日に成立する運び。国際結婚が破綻した夫婦間の子どもの扱いを定めたハーグ条約の加盟承認案は22日、参院本会議で可決され、国会の承認手続きが終わる。全国民に社会保障と税の共通番号を割り当てる「マイナンバー」制度関連法案も、早ければ月内に成立する見通し。

 参院に送付されている区割り法案について、民主党は27日以降の審議入りを容認する構えを見せており、法案は月内にも成立する可能性が出ている。しかし、同党内には、区割り法案が成立して「1票の格差」是正が実現すれば、安倍晋三首相が夏の参院選に合わせて衆院を解散し、衆参同日選に踏み切るのではないかとの臆測がくすぶる。

 会期延長がなければ、参院選の投開票日は7月21日が有力だ。この日を同日選とするには衆院選公示は同月9日。区割り法案の施行は公布から1カ月後のため、6月9日までに成立させれば同日選は可能となる。民主党が党内の動揺を抑えようとして、「採決引き延ばしを図ってくる」との見方も与党側にはある。

 安倍政権が高支持率を維持する中、民主党は、定数削減を含む衆院選挙制度改革や歴史問題で対決姿勢を鮮明にし、反転攻勢への糸口をつかみたい考え。首相と全閣僚が出席する20日の参院決算委員会では、従軍慰安婦問題をめぐる日本維新の会の橋下徹共同代表の発言を踏まえ、首相の認識をただす。「歴史認識が酷似している」(細野豪志民主党幹事長)として、自民党を維新に重ね合わせてイメージダウンを狙う戦術だ。(2013/05/18-14:16)




下記はネットでの拾い物。
韓国人の特徴だそうです。
ミンス党には、よく似た人がたくさんいると感じるのは、私だけでしょうか?

韓国人ですか?と尋ねると「日本人」と答える。竹島は日本領ですね。と確認すると「独島」だと怒る。独島は何処に有るのですか?と尋ねると「東海」だとドヤ顔になる。日本の名物を聴くと必ず「犬・朝鮮漬け・スマホ」と答える。ホンダの車を指し現代の車は素敵ですねと水を向けるとホンダの車は韓国製だと自慢話になる。質問者は既に「韓国人」と判っていながらの質問にも気付かないふりをする謙虚な人たちだ・・・・。


 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters