温室効果ガス 削減公約いったん撤回へ

 
禍(わざわい)を転じて福と為す。

原発事故により政府は、温室効果ガス削減の公約を、いったん撤回へすることにしたのだとか。
どうせイカサマなんだから、このまま破棄してしまいなさい。

温室効果ガス 削減公約いったん撤回へ
5月19日 10時55分 NHK

2020年までに温室効果ガスを25%削減するとした国際公約について、日本政府が、国連への登録をいったん撤回し、11月に開かれる温暖化対策を話し合う会議=COP19までに新たな目標を登録したいとする文書を、近く国連に提出することが分かりました。

政府は、これまで温室効果ガスの排出量を2020年までに1990年と比べて25%減らすという目標を掲げていましたが、原発事故を受けて達成できなくなり、現在、新たな目標を検討しています。
一方で、ドイツにある国連の気候変動に関する枠組条約の事務局には、3年前に政府が提出した25%の削減目標が、日本の国際公約として今も登録されたままになっていることから関係省庁で対応を協議してきました。
その結果、今の目標の登録をいったん撤回したうえで、温暖化対策を話し合う11月の国連の会議=COP19までに新たな数値を登録したいとする文書を、近く国連の条約事務局に提出することになりました。
政府は、来月3日からドイツで開かれるCOP19に向けた事務レベル会合で、この方針を参加国に説明することにしています。



下記は武田先生の見解。

たしかに、今年の春は例年になく寒く感じます。


http://takedanet.com/2013/05/co2400ppm_b44c.html
気温低下の中のCO2 400ppm


2013年5月11日 読者からの問い合わせも多かった。

NHKもマスコミもすべて「CO2が400ppmになった」と報道した。

NHKもマスコミもすべて「地球の気温が低下している」とは報道しなかった。


自分に都合のよい(これまでに言ってしまった)ことだけを報道する。

CO2が上がって気温が上がるのかはまだ学説に過ぎない。

それにCO2の測定点はハワイ、気温の測定点は都市。都市は都市化で温度が上がっている。第一、1880年からの測定値だから、その頃、植民地(アジア、アフリカ、南アメリカなど)の地方の気温は測定されていない。

もう少し誠実に報道して欲しい。これでは本当に温暖化したときに分からなくなる。

(平成25年5月18日)



 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters