国民こぞって木登りの練習を始める民族

 
先日、なわさんのサイトで紹介されていた本です。

この中の一文。
妙に言い当てていますね。

「日本人は猿に支配されたら、団結して抵抗するより国民こぞって木登りの練習を始める民族である」

自分の周囲にも、当てはまる人が多いです。(笑)

単に国家レベルの話だけではありません。
家庭から始まり、学校、会社、その他組織という名のつくものであれば、何でもそうです。

歪んでいても、力で勝てなければ、自ずと支配されてしまいます。

http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/browse1305-30.html より抜粋
日本をここまで壊したのは誰か
西尾幹二・著  草思社  2010年刊


  「『日本人は猿に支配されたら、団結して抵抗するより国民こぞって木登りの練習を始める民族である』これは名言ですね。実を言うと、私が常日頃思っていることを言葉にしただけです」
  「日本人は1.権威、権力に極端に弱い。2.変わり身が実に早い。3.裏切り者や変節者が多く出る。4.団結することができない。5.日本人は日本を愛せない
  「私たち日本人は、変節、裏切りの遺伝子を持つため、変節者や裏切り者には実に寛大だが、信念を通す人には冷淡なのです」



 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと。 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters