近々、北朝鮮に大きな変化か?

 
北朝鮮から、反米的なポスターやスローガンが、消えているのだとか。

近々、大きな変化が、出てくるのかもしれませんね。


北朝鮮が米朝高官会談を提案、首都平壌の反米ポスターは姿を消す―中国メディア
配信日時:2013年6月17日 14時28分 レコードチャイナ


2013年6月16日、朝鮮中央通信によると、同国の国防委員会報道官は同日、朝鮮半島の緊張緩和や地域の平和・安全を確保するため、米朝高官会談の提案を発表した。新京報が伝えた。

米朝高官会談では軍事の緊張緩和や非核化について話し合いを行うと提言している。北朝鮮の報道官は、「朝鮮半島の非核化は金日成(キム・イルソン)主席、金正日(キム・ジョンイル)総書記の遺志である。しかし、朝鮮半島の非核化は北朝鮮の核の放棄だけでなく、韓国を含む朝鮮半島全体が一丸とならなければならない。さらに、米国の北朝鮮の核が脅威とする考えも完全に改める必要がある」と語った。

これに対し米国側は16日、北朝鮮の会談の提案には同意するも、北朝鮮が国際的な義務を果たす必要があると要求した。このほか、米政府関係者は同日、「米日韓は18~19日に米国で会談を行い、北朝鮮の提案について話し合う」と明らかにした。

米国との対話により自身の安全を確保することは、冷戦終了以来、北朝鮮が対外政策における主要な目標の1つにしている。また、新華社通信によると、米朝の会談に先駆けてか、米AP通信の記者は北朝鮮の首都・平壌に変化が現れていると語っている。ここ数週間、街に張り出されていた反米的なポスターやスローガンが消えているという。(翻訳・編集/内山)




以下は、昨日の原田武夫氏の無料メルマガから。

「北朝鮮・イランについてコインがひっくり返るならば、
それらの裏側も同時にひっくり返る」

意味深ですね。

イランの裏側に当たるのはイスラエル。
北朝鮮の裏側は、韓国でしょうね。

復元力の原則

「大きく下がっていたものは必ず上がる。
逆もまた真なり」

つまり、イランが上がるなら、イスラエルは大きく下がる。
北朝鮮が上がるのなら、韓国は大きく下がる。



【IISIA 2013年6月17日号】北朝鮮が米国に高官会談を“無条件”で提案

───────────────────────────────────
●「今日の焦点!」
 ~これを読めばマーケットとそれを取り巻く国内外情勢のツボが分かる~
───────────────────────────────────

⇒“今日の焦点”はズバリ:

 「北朝鮮が米国に高官会談を“無条件”で提案」です。


⇒その理由は……:

 ─世界には様々なアクター(主体)たちがいます。
  その中で大きく二つのグループがいます。

 ─一つは自らで世界を創っていくタイプです。
  そしてもう一つは創られた世界で生きていくタイプです。

 ─大事なことは、自らで世界を創っていくタイプが関心を持っているのは
  「時間」だということです。タイミングを見計らって動いています。

 ─それではそのタイミングをどのように見ているのかというと、原理原則は
  ただ一つなのです。「復元力の原則」です。

 ─大きく下がっていたものは必ず上がる。
  逆もまた真なり、です。


 ─したがってある国が大きな下げから浮上し始めた時、それが「動くタイ
  ミング」です。ここで世界が大きく変わる
のです。

イランにおいて大統領選挙があり、対米強硬派からの政権交代が起きました。
これを受けて米国は直ちに声明を発表し、「直接対話したい」と言い出しました。

そのことをよく見ているのが北朝鮮なのです。
イランと北朝鮮はコインの裏表、いや同じ面といってもよい存在です。

したがってイランと話し合いをするのであれば当然、北朝鮮ともとなるはず
なのです。正にこの「タイミング」を北朝鮮は見計らっていたのです。

「直接対話」の結果、出来る合意は明らかに「イランの核開発に対する米国の
黙認」です。そうであるならば北朝鮮についても黙認となるはずなのです。

ここで北朝鮮・イランについてコインがひっくり返るならば、それらの裏側も
同時にひっくり返る
はずです。果たしてどの国・地域が「反転」するのか。

その意味で、世界はいよいよ動き出しました。
その延長線上にマーケットもあります。

今週(6月16日週)、動かないわけが……ないのです。
知っている人は、知っています、しかも「あらかじめ」。



 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters