新聞協会会長に読売白石氏=「軽減税率適用、理解を」

 
世の中腐ってますなぁ。

消費増税に肯定的な記事を書いておいて、自分には適用して欲しくないんだとさ。


新聞協会会長に読売白石氏=「軽減税率適用、理解を」
時事通信 6月19日(水)18時42分配信


 日本新聞協会は19日、会員総会を開き、任期満了に伴う役員改選で、新会長に読売新聞東京本社の白石興二郎社長を選任した。副会長に北海道新聞社の村田正敏社長と中国新聞社の山本治朗社主兼会長を再任し、新たに産経新聞社の熊坂隆光社長を選んだ。任期はいずれも2年。
 白石会長は都内で開いた記者会見で「新聞を取り巻く環境は極めて厳しいが、各社一丸となって難局を乗り越えたい」とあいさつ。消費増税に伴い導入が検討されている軽減税率の新聞への適用に向けて、「政府や政党関係者だけでなく、広く国民の理解を求めるべく、丁寧に説明する作業を進めたい」と述べた。
 若い世代の新聞離れについては、「特効薬、即効薬は簡単に見つからない」と指摘。親子で一緒に読むページを設けるなど各紙の試みを紹介し、「生活習慣とも密接に絡むので、息長く取り組んでいく課題だと思う」とした。




ちなみに、マスゴミからは、広告税をとらないとダメですね。

企業が払う広告費は非課税。
宗教法人のお布施と同じですね。

みすみす税金を取られるよりはまだましだとして、企業は利益の一部を広告費に流す。
マスゴミにとっては、濡れ手で粟のようなものだから、謙虚さがなくなる大きな原因となるのです。


噂では、麻生元首相が、漢字が読めないとか、ラーメンの値段を知らないとか、どうでもよいことでぼろくそに叩かれたのは、かつて政調会長時代に広告税(10%)を提唱したから。

ずっとその発言を、根にもっていたのでしょう。

広告税の提唱

 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters