朝鮮お辞儀

 
街でよく目にする、こんな挨拶の仕方。
少々違和感を感じていましたが。

その由来は、お隣の国だとか。
日本国内でこんなに広まったのは、元を辿れば、こういうやり方を、専門学校で教えているせいなのだそう。



http://zaitokuclub.blog.fc2.com/blog-entry-572.html
朝鮮学校は日本人が通う私立高校も経営している。そこではおぞましい朝鮮お辞儀を教え込んでいます。
2013/07/09 Tue.

美しい姿勢と立ち居振る舞い
画像:小笠原流礼法入門―美しい姿勢と立ち居振る舞い

画像「右」の女性の立ち振る舞いに「×」が付いている理由をご存じでしょうか?

ホテルやコンビニで最近見かけることはありませんか?

正体はこれです。

その名は「朝鮮お辞儀」。

朝鮮お辞儀


この腐れお辞儀が日本中に蔓延しつつあります。

専門学校で、朝鮮式であることを隠して作法を教育。消え行く日本式の作法。より引用

朝鮮式の水の飲み方、握手の仕方というのは知っていましたが、朝鮮式立礼というのがあるそうです。



そう言われると、このような礼をよく見かけます。
私も含めて、知識がないとそのように礼をするものなのかと受け止めますよね。


さて専門学校のHPで確認しましたが、やはり実施してました。



教育機関で教えるのであれば、「朝鮮式」であることを明示すべきです。
例えば華道教室では、池坊、小原流、未生流、草月流などと名乗っていて、流派を隠したりしません。

生徒が韓国での就職、もしくは朝鮮人観光客を主とするホテルへの就職を目指しているのなら結構ですが、何も知らない生徒に選択の余地なく、しかも隠して朝鮮式を教えているとしたら驚きです。
ひょっとしたら、私が世間知らずなだけで、既にホテル業界では朝鮮式が主流になっているのかもしれませんね。


小笠原流礼法では、いきなり表紙で指摘しています。
日本人なら、というか日本では日本式作法でありたいものです

引用ここまで



朝鮮学校は日本人が通う私立高校も経営している。

匿名さんから届いた情報です。ご本人の安全確保のため、学校の名称、所在地などは伏せさせて頂きます。


うちの娘の学校、朝鮮お辞儀を教えこんでるらしいんです。
そんなのあるの全く知らなくて、ネットで色々見てたら朝鮮飲みは知ってたけど
後から朝鮮式握手、朝鮮式おじぎなどなど知ったんですね。
そしたら結構どこの店(コンビニ・パチンコ・ホテル)もやってるとこ多くて、それをたまたま子供に言ったら、
「母さん、それうちの学校ですごい厳しくやらされてる・・・・」って聞いて唖然としましたよ・・・。

うちの娘の高校は旦那のお父さんも通ってたとこなんですけど
お父さんが通ってたとき、朝鮮学校と、〇〇高校と〇〇高校が同じ経営者だったらしく
朝鮮学校の生徒は〇〇と〇〇の生徒には手を出さなかったという話があったみたいです。
で、少し調べたら今も経営者は同じようです。

〇〇と〇〇は姉妹校ですし。朝鮮学校は私立も経営してるって事おぼえておいてくださいね!



この話を聞き、私は愕然としましたよ。
土人式お辞儀を教えるなど言語道断な話ですが、一般の私立高校の経営が朝鮮学校経営者とは。。

以下は推測に過ぎません。

朝鮮学校への補助金打ち切りが全国で行われていますが、こんな事ではいくら補助金を打ち切っても、迂回しようと思えば簡単に出来る訳です。

あなたのお子さんが通っている学校が急に授業料を上げたり、今まで無かったような教材費等を支払うよう督促してきたら疑ってみることをお勧めします。

そして「朝鮮お辞儀」を見かけたら、「あなた 朝鮮人? 日本人なら日本式のお辞儀をしなさい。ここは日本です!」と教えて差し上げましょう。




礼儀の話となると、いつも登場するこのおばさん。

お隣の国の人は、日本人から見れば、上から下まで相当に非常識極まりないんですが。
でも、彼らの自己評価は、こんな感じなのだとか。

礼儀の正しい民族 はて


まぁ、彼らの主張する礼儀とは、動物社会における行動秩序そのもの。
そもそも日本人の考える「礼儀」とは、意味というか定義というか、内容が異なります。

そう考えると理解しやすいかと。

つまり、強者がすべてを独占し、弱者はすべてを譲る。
支配と服従。

イヌやサルなど、群れを作る動物は、こんな階級社会を作りますね。

この階級を維持するための社会秩序。
野生の掟(おきて)とでも言いましょうか?

これが、彼らの考える「礼儀」ですね。

 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

No title

はじめまして。
朝鮮のお辞儀の記事前半部分を転載させていただきました。
事後報告になりましたことをお許しください。

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters