遭難事故 救助したら、謝罪と賠償を要求

 

中央アルプス 「心肺停止」3人に
7月30日 9時14分 NHK


長野県警察本部によりますと、中央アルプス・檜尾岳付近で連絡が取れなくなっている韓国人登山者9人について、新たに男性1人が心肺停止の状態で見つかりました。
心肺停止の状態で見つかったのはこれで3人になります。
また、檜尾岳の東側の尾根付近で午前8時半ごろ、4人が歩いているのが見つかったということです。
警察は、連絡が取れないメンバーとみて確認を急いでいます。



また、謝罪と賠償ですかね。
助けると、ろくなことになりませんが。

以下は、実際にあった話。

蔵王で遭難し救助したら、捜索費用の負担を拒否したうえ、謝罪と賠償を要求。
おまけに、全然関係のない竹島問題に言及。

まぁ、相手は基地外ですから。


http://www.kyoto-u.com/lounge/discuss/html/200503/05030051.html
1. 山形新聞 2005/03/15(火) 12:39:13


山形市の蔵王温泉スキー場で韓国人客5人が遭難した事故をめぐり、一行が捜索費用の支払いを拒否していることが14日、分かった。一行は実名報道されたことを理由に、損害賠償を請求する姿勢もちらつかせている。文化の違いが根本にある問題とも言えそうだが、外国人誘致に力を入れている県や山形市を含め関係機関に波紋が広がっている。

 山岳遭難の捜索費は、救助のため出動した警察や消防署員ら以外の民間人に支払われる日当。今回のケースでは、同市山岳遭難対策委員会のメンバー6人が出動し、11万円かかった。

 関係者によると、一行が支払い拒否を告げたのは、5人全員が救助された12日当日。関係機関が宿泊先のホテルに集まり、ホテルからの通報や捜索の経過、費用などを説明した際、「一行は捜索依頼してない」「マスコミに名前を出された」と強く抗議した。

 県警は遭難時、家族らの強い要請を受け不明者の実名発表は避けたが、新聞やテレビで実際に報道されたことをめぐり、一行の警察に対する不信感は強く、本国に戻って損害賠償訴訟を起こす考えも示しているという。

 県によれば、韓国では事故・事件の際に当事者の実名は伏せるケースが多い上、スキー場側が捜索費を出す場合もあり「文化、国民性の違いが出た」(県観光振興課)と指摘。「韓国人客を積極誘致しながら、ハングルでの案内板や放送がないといった落ち度もあった」としている。関係機関はきょう15日、緊急対策会議を開き、安全対策を含めた協議を行う。

 一行はその後も、日韓両国の懸案でもある「竹島問題」を持ち出して、支払い拒否の姿勢を変えていない。

 山遭対事務局の市観光物産課は「捜索費は当事者から受け取るのが原則」として一行に請求し続ける方針だが、ホテル側は「温泉街の各施設が誘客に頑張っている矢先に、今回の問題で水をさしてはいけない」との判断から、肩代わりすることで問題収束を図ることを検討している。

http://yamagata-np.jp/kiji/200503/15/news00816.html
(注:古い記事なので、記事のリンクは切れています)



 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters