ゲリラ豪雨 浸水危険度の高い都内主要駅はここだ

 
今回の中国地方での大雨が、もし東京に降ると、かなりの被害が出そうです。
地下で働いている方など、要注意ですね。


 
ゲリラ豪雨 浸水危険度の高い都内主要駅はここだ (日刊ゲンダイ) 
http://www.asyura2.com/13/jisin19/msg/206.html
投稿者 赤かぶ 日時 2013 年 8 月 01 日 10:30:00: igsppGRN/E9PQ


ゲリラ豪雨 浸水危険度の高い都内主要駅はここだ
http://gendai.net/articles/view/syakai/143746
2013年7月31日 日刊ゲンダイ


 渋谷駅南口は水深2~5メートルの阿鼻叫喚

<シンクロのプール並み>

 中国地方を襲った記録的な豪雨は、我々に再び大雨の恐ろしさを知らしめている。山口市では1時間当たり143ミリの雨量を観測。気象庁が「50年に1度」の豪雨を目安とする大雨特別警報を発令したほどだった。

 しかし、最近は、この「50年に1度」しか起こらないはずの豪雨が頻発している。東京では、隅田川花火を中止に追い込んだ27日の豪雨がすごかったが、23日にも目黒区と世田谷区付近で1時間当たり100ミリの猛烈な雨が降り、目黒川は氾濫寸前。小田急線「経堂駅」が冠水した。

「経堂駅はくぼ地にあるためでしょうが、想定外の冠水でした。駅に設置した排水システムでは対応できず、今後はマンホールの蓋を外して地下に雨を流す対策を考えています」(小田急電鉄・広報担当者)

<50ミリの雨量を上回ると…>

 山口市並みの豪雨が東京を襲ったらどういう結末になるのか。

 別表は東京都の「洪水ハザードマップ」からわかる浸水の危険性の高い主要駅のリストだ。

「皆さんは驚かれるかもしれませんが、例えば、渋谷駅南口は2~5メートルの深さの浸水を予想しています。これは2000年9月に1時間当たり114ミリ(総雨量は2日間で589ミリ)を記録した東海豪雨クラスの大雨が発生した時を想定したものです」(都の建設局河川部の担当者)

 水深2~5メートルといえば、まさにシンクロナイズドスイミングを競技するプールの深さと同じだ。もちろん、中小河川の氾濫や雨の降り方で状況は変わるし、何時間も水深2メートル以上が続くわけではないが、その大量の水が渋谷駅の地下コンコースに一挙に流れ込んだら阿鼻(あび)叫喚の地獄絵図。溺れ死ぬ人が出かねない。ちょうど映画「タイタニック」の浸水のシーンを思い浮かべればいいだろう。

 実は、都内の河川・下水道などの治水施設は、1時間当たり50ミリの雨量に対応するよう設計されている。その50ミリを上回った場合は、「対応しきれない」(前出の建設局職員)のだ。

 くぼ地にあるような駅はどこも悲劇だ。JR「品川駅」港南口周辺も2~5メートル浸水するし、東京メトロ&大江戸線「門前仲町駅」はほぼ全域が水につかる。

「荒川や江戸川が決壊する最悪のケースでは、板橋区や江戸川区はどこへ行っても水深2メートル以上。逃げ場がありません」(防災関係者)

 もはやゲリラ豪雨というより、殺人豪雨といった方がいい。

【板橋区】
蓮根駅/5メートル以上
高島平駅/2~5メートル
※荒川氾濫の場合は全域が2メートル以上

【渋谷区】
渋谷駅/2~5メートル
代官山駅/2~5メートル
道玄坂2丁目/2~5メートル

【千代田区】
日比谷駅/1~2メートル
有楽町駅/1~2メートル

【中央区】
銀座1丁目/1~2メートル

【港区】
品川駅南口/2~5メートル

【品川区】
大崎駅/0.5~1メートル

【新宿区】
江戸川橋駅/2~5メートル

【文京区】
春日駅/2~5メートル
茗荷谷駅/2~5メートル

【江東区】
門前仲町駅/2~5メートル
東陽町駅/2~5メートル

【目黒区】
中目黒駅/1~2メートル
緑が丘駅/2~5メートル
自由が丘駅/1~2メートル

【大田区】
鵜の木駅/2~5メートル
下丸子駅/2~5メートル

【世田谷区】
池尻大橋駅/1~2メートル

【豊島区】
大塚駅南口/2~5メートル

【江戸川区】
葛西駅/0.5~1メートル
※荒川、江戸川決壊は全域が2メートル以上

【武蔵野市】
吉祥寺駅/0.2~0.5メートル
 



 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters