身近な3D映像

 
一度3D映像を体験してみたいと思っていたんですが。
いやテレビではなくて、映写して浮かび上がってくるやつです。

鏡の入った箱に、何か物を入れると、浮かんで見えるおもちゃとかもありましたね。
果物を入れておくと、サルが何度も騙されるのを見た覚えがあります。

でも、何しろ田舎生活のうえ、お金もないので、実体験は無理かと思っていましたが。

ところが…。

今日新聞を読んでいたんです。
あまりに字が小さいので、虫眼鏡で拡大していると…。

ふと気づくと、そこに3D映像が浮かび上がっているではないですか!!
手でつかめそうで、つかめません。

こんな感覚だったんですね。
まぁ、こんな高度なものではないですが。
http://jp.techcrunch.com/2011/11/16/20111115aerial-3d-amazing-system-shows-3d-objects-in-mid-air-with-no-screen-video/

やり方は簡単です。

①:虫眼鏡を電灯の下に置く。
         
              以上 (笑い)

レンズに映る電灯が、浮かび上がって見えます。

できるだけ上から覗くと、分かり易いです。

(もっとも、浮かんでいる映像自体は平面ですが)




より正確に言うと、、、

電灯が3つ見えます。
1つは浮かんで見え、1つはレンズ内に、そしてもう1つはレンズの奥に沈んで見えます。

  
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters