新しい100ドル紙幣が登場、偽造困難に 米

 
とりあえず、デノミの線は消えたもよう。
旧札も、当分の間は、出回る見通しだとか。


新しい100ドル紙幣が登場、偽造困難に 米
2013.10.08 Tue posted at 09:49 JST CNN


ニューヨーク(CNNMoney) 米国で新しい100ドル紙幣が8日にデビューする。当初は2011年に登場予定だったが、10年に印刷上の問題が発覚し、発行がずれ込んでいた。

米国では政府機関の一部閉鎖が続いているが、米連邦準備制度理事会(FRB)は閉鎖の対象外となっているため100ドル紙幣の発行も影響を免れた。

新紙幣は本物かどうか見分けやすくしながら、偽造を難しくする対策を施している。中央には青い3Dの帯を入れ、「100」の文字とインク壺(つぼ)の図柄には、傾けると色が赤銅色から緑色に変わる特殊なインクを使った。

ベンジャミン・フランクリンの肖像画は現在の紙幣と同じだが、背景のデザインは変更された。

米国では偽造を防ぐ目的で、1ドル紙幣と2ドル紙幣を除く全紙幣のデザインが過去10年の間に刷新されている。

100ドル紙幣は1ドル紙幣に次いで流通量が多く、昨年12月31日現在のFRBの統計によれば、1ドル紙幣の流通量は103億枚、100ドル紙幣は86億枚、20ドル紙幣は74億枚だった。

1996年に発行された現在の100ドル紙幣も引き続き利用でき、まだ当分の間は出回る見通し。ただし8日以降に銀行がFRBから受け取る100ドル紙幣はすべて新デザインの紙幣となる。



 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters