原子、地動説について

 
先日からしつこい輩(やから)に絡まれているのですが…。

別に頼んでいるわけではないので、そういう人はこのサイトを見ないように。
そもそも、公共電波でもなく、スポンサーがいるわけでもありません。
ただの個人の日記なのですが。



記事の内容は、冒頭にもあるこれです。

- モデルを変えれば、原子の謎はすべて解ける - 質量・万有引力から反重力まで
http://oyoyo7.blog100.fc2.com/blog-entry-2194.html

同じ人間が、名前を変え、同じようなコメントを繰り返してきます。
3~4人いますかね。

最初は称賛しますが、次からけなす言葉が並びます。
まぁ、無視していたんですが。

つい最近ではその神経に驚いたんですが。
ブロ友にしてくれと頼んできたんですね、怪しいと思ってはいたんですが。

そして予想に違わず、罵詈雑言の数々…。

その執念は、気持ち悪いですね。
異国の腐敗臭を感じさせられます、いや、どことは言いませんが。

もっと自分自身の、生産的な何かに費やしたどうでしょうかね?

コメント欄を開いたり閉じたりしているのは、そのためです。
一応参考のため、ひどいものを除き、閉じたまま残していますが。

ちなみに、こんな具合ですね。
前後はかなりきつい調子なので、公開を控えます。



(コメント)
> Q:何故、電子同士がぶつからないのか?
> A:一定の規則をもって回転している竜巻内に配置されているため。
> (量子論では不明である)

電子同士は負電荷の反発力によってぶつからないんですよ。
こんなの量子論を知らない高校生でも分かると思いますが・・・。



とまぁ、こんな感じですが。
ちなみに、私の回答も記しておきましょうか。

------------------------------------------
(私の回答)
貴重なご意見と的確なアドバイス、ありがとうございます。
高校を卒業してから30年も経つ私には、少々理解が及ばなかったようです。

電子同士がぶつかりかけた場合、負電荷同士の反発力で跳ね返るんですね。
だからぶつからない。

なるほど、その通りかもしれませんね。
そのときは、つまり、電子の軌道が変わるということですね。

では、ぶつかりかけて跳ね返ったとして、その一方が原子核の方向、もう一方が原子外の方向へ向かった場合、いったいどうなるのでしょうか?

前者については、正負両電荷の結合により、爆発?とともに、元素転換が起こるという理解で、よろしかったでしょうか?
後者について、電子が失なわれる、すなわち、プラスにイオン化するという理解でよろしかったしょうか?
つまり、ヘリウムのような不活性ガスでも、イオン化するという理解でよろしかったでしょうか?

高校生でも分かるとのご指摘。
どなたか現役高校生の方、ぜひご回答を。
------------------------------------------

とまぁ、こんな感じに回答しようかとも思ったのですが。
前後の文面があまりにもひどく公開は…。

ぶつかろうが、直前で回避してぶつかるまいが、結局は同じなんです。
文面で触れているとおり、規則性をもって回っているかどうか、これが重要なのです。
主題はこちらです。



私が良く思うことですが。

左脳だけで考えるとダメなんです。
断片的な思考で、止まるのです。
つながらないのです。

理系の人は、左脳だけが異様に発達しているんですね。
だから、難しい計算でも容易にこなします。

そして、こんな難しい計算ができる人を、自分も周囲も賢いと思っている…。

でも違うんですね。
こういった難しい計算も、本来は手段に過ぎないのです。

いくら計算が合っていても、違うモデルに当てはめていたら、そこから正しい答えは導き出せない。
現在の量子化学を見たとき、そう思える点が多々あると感じたんですね。
それを日記で記事にまとめただけです。

現在の科学で、私が信頼がおけるのは、電気、エレクトロニクス、有機化学、無機化学など。
機械や建築関係は、言うに及ばず、もちろん信頼しています。

一方、信頼ができないのは、量子化学、地震学、天文学などです。

その根拠は何かというと、それは製品があるかないかです。
何かの原理が利用、応用されてできた、広く万人が使うことのできる製品。

こういうものがあれば、電気や電波や、化合物の構造までが見えなくても、その存在は信じられるわけですね。

でも、指摘した上記分野の学問では、それがないんですね。
極めて狭い世界で、極めて限られた人物だけしか、確認ができない。

再現性が確認できないorきわめて少数の機関でしか再現性が確認できない科学というのは、やはり信頼性が低いと感じるのです。

こういうものは、あるときあるきっかけで、土台ごと全部ひっくり返る。
そう思うわけです。

ちょうど、地動説のように。
それまで長い間信じられていた天動説は、たった振り子1つで覆されました。

今では誰も天動説なんか、信じないんですね。
信じていたら、××××扱いですね。

そんな日が来る。
そう思っているだけです。
 
まぁ、早くても300年後くらいかと思っていますが。




<追伸>

応援メッセージは大歓迎です。

 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

No title

論破なんて自己満です。
頭の固い人にはそれがわからんのですよ。

No title

独創的な他人の考えを認められず攻撃的になる人が必ず居ます。最終的に傷つくのは自分である事を理解できていない可哀想な人です。気にせず、いつも通りの記事を楽しみにしています。

No title

うっとうしい生き物ってどうしようもないですね・・・

No title

およよさんの頭の良さにはいつも感心させられています。
何がどうとかは私には理解できませんが、いつも楽しく読ませて頂いています。
これからもさくらちゃんと一緒に健やかにお過ごしください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

みなさん、

応援メッセージありがとうございます。

No title

僕は目からうろこの理論ですが
悲しいかな、職業上分野も関係ないので 仕方なし
おそらく およよさんの理論は日本人ではだれも解明できず
東アジアの某国から新発見などと宣伝されるかもしれませんが
うわべだけなので 何も解明できず
英語圏かロシア語圏の人により解明 実証されるのでしょう
そしてそれを生かして何等かに実用化するのが日本人
そしてそれをパクるのが某国の人たち

No title

たまには、支離滅裂な論破キチガイを相手にするのは、脳の免疫力を高めるのにいいかもしれませんが、相手にしすぎは身体に毒ですね。
ゆっくりとお湯につかってキチガイとの記憶をアンインストールしてください。

竜巻理論とそこから派生する理論は、乳酸菌の培養や、農業などの洞察に役立っています。最近はやりの水素水の効果の説明になるかもしれません。

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters