新しい中東の地図

 
下図は新しい中東の地図なのだそう。
http://bylines.news.yahoo.co.jp/haradatakeo/20131125-00030086/

2006年中頃までには米軍及び北大西洋条約機構(NATO)軍の将校教育で用いられるようになったものとして知られているのだそう。

地図「新しい中東(The New Middle East)」

イランの領土が保全されているのに対し、サウジアラビアは完全に分裂国家として描かれているのである。その一方で「開戦の引き金」を引く役割を果たすイスラエルですら、1967年までの広さに縮小されつつも、その領土は温存されているのだ。このことはイスラエルが実のところ米国や欧州、さらには「敵国」であるはずのイランとさえ実質的には協議した上で開戦に踏み切る役割を演じるに過ぎないことを示唆してものなのである。



イランとイスラエルとの間で起こる戦争は、サウジアラビアを分断する結果で終わる。
原田武夫氏によると、そういう筋書きが両国間にあることが示唆されるのだそう。

ちなみに現在は下図のとおり。

地図 現在の中東

 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters