分祀とは?

 
あけましておめでとうござます。
今年もよろしくお願いします。

東京に住んでいれば私も靖国神社に行くところですが、あいにくこちらは過疎の町。
近くの(と言ってもかなり離れていますが)護国神社へお参りに行ってきました。

直接は関係はないそうですが、護国神社は地方における靖国神社のような位置づけです。
戦没者等を祀っています。


さて、既に何回か触れていますが、靖国神社には遺骨も位牌もありません。
いまだに左翼系だと、知らない国会議員がいるようですね。

あるのは「霊璽簿(れいじぼ)」(旧称「祭神簿」)と称される名簿。
宗教的な面を除くと、それには国民の義務として戦地に赴き犠牲になった人達の名前が書いてあるだけです。

いわば卒業アルバムなのです。

だったら、A級戦犯を分祀せよ。
そういう議論もあります。

そもそもA級戦犯はもういません。
当時の社会党も含め、全会一致で名誉の回復を決めました。
http://oyoyo7.blog100.fc2.com/blog-entry-2277.html

百歩譲ったとしても…。
でも、実はこれ、全く論点が外れているんですね。

分祀をすれば、増えるんです。(笑)

移動するわけではないんです。
元の場所にも残るんです。

分祀とは、本来コピーを作ることなんです。
だから、分祀すると増える!!

八幡宮や稲荷神社が全国にあるのは、そういうことです。
本社の祭神のコピーをもらって、別の場所でも祀っているのです。

こういう概念は、お寺とも一緒ですね。
総本山でも末寺でも、同じ宗派なら同じ仏様を拝みます。


http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%AC%E3%AB
分祀(ぶんし) 

ある場所に祀られている神を、別の場所でも祀ること。

この場合、元の場所で祀られていた神がそのまま新しい場所にも鎮座することになり、どちらが本物で、どちらが偽物などということはなく、双方に同じ神が鎮座することになる。

つまり分祀を行うと対象となる祭神の鎮座地が増えることになる。




霊璽簿は、いわば卒業アルバム。
あるいは、あの世での戸籍と言ってもいいかも知れませんね。

特定の人物だけを取り除くことはできないのです。

当時徴兵は、国民の義務でした。
教育と同じで、国民の義務でした。

だから例えるならば、霊璽簿は小学校の卒業アルバム。
気に入らないからといって、卒業後に除名にすることはできません。

かといって、卒業後に卒業しなかったことにもできません。
もちろん、卒業させないこともできません。

つまりどうやろうとも、特定の人物だけを取り除くことはできないのです。
靖国や神道だけに限った話ではないんですね。

こう考えると分かり易いかと。

中韓のみならず、著名な評論家や自民党内ですら、いまだにA級戦犯の分祀について触れる人がいるんですが。
実はこれは、まったく論点が外れているとしか、言いようがありませんね。

分霊(分祀)(ウィキペディアより)

靖国神社の場合

靖国神社について分祀を論じる方が居ます。しかし、以下の様に分祀は、一部の祭神を他所に移しても、祭神は元の場所に存在し続けます



靖國神社は、二百四十六万六千余柱の神霊をお祀り申し上げておりますが、その中から一つの神霊を分霊したとしても元の神霊は存在しています。このような神霊観念は、日本人の伝統信仰に基づくものであって、仏式においても本家・分家の仏壇に祀る位牌と遺骨の納められている墓での供養があることでもご理解願えると存じます。神道における合祀祭はもっとも重儀な神事であり、一旦お祀り申し上げた個々の神霊の全神格をお遷しすることはありえません。(平成十六年三月三日 “所謂A級戦犯分祀案に対する靖國神社見解” より引用)


以上が神道の神霊観念です。



 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

No title

未だに「靖国神社の遺骨、位牌」とか批判しているメディアもありますからねぇ。
この際、嘘も方便で「分けたことにしました」と発表するだけでも良いかもしれません。

要は、外交カードに使えないことをハッキリと内外に喧伝すべきですね。

あとは、日本には古くから「祟る」民族文化があることを宣伝する。
菅原道真、平将門、などなど。
「祀らないと祟って、また世界に害をなすかもしれません」という。こればかりは、日本文化ですからきちんと説明、宣伝しないとよその国には伝わりますまい。

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters