細川氏、小泉氏と会談後出馬を正式表明

 
外見で人を判断するわけではないですが。
どうもこの目が、ポッポ元総理によく似ていて…。

細川護煕

安倍の人気を怖れた支配層が、小泉を利用して保守分裂を目論んでいる。
そういう気がしますね。

細川氏、小泉氏と会談後出馬を正式表明 
日刊スポーツ


 東京都知事選(23日告示、2月9日投開票)で、民主党の出馬打診を断った細川護熙元首相(75)が、無所属で立候補する意向を固めたことが9日、分かった。今も強い影響力を持ち、同じ脱原発を訴える小泉純一郎元首相(71)との連携が最大の鍵とみて、週明けに小泉氏と会談した上で、正式に表明する見通し。「細川・小泉劇場」が現実味を帯び始めたことで、舛添要一元厚労相(65)への与野党相乗りとみられた「無風」の構図は、一変する。

 複数の関係者によると、細川氏は都知事選出馬の意向を固め、最終的な環境整備に入ったという。同氏周辺は、日刊スポーツの取材に「まだ分からない」と述べたが、別の関係者によると、都庁がある新宿区に、選挙事務所用の物件を確保したという。準備は、着々と進んでいる。

 細川氏は今月、民主党の日本新党出身議員による出馬打診を断ったが、猪瀬直樹前知事の辞職前後から出馬の検討を始めた。1998年(平10)5月の政界引退から約16年。清新さを出すには、政党色を出さず、幅広い支持を得る環境が必要と考えているようだ。

 「殿」の最終決断への最大の鍵が、小泉氏。細川氏の「脱原発」より踏み込んだ「即原発ゼロ」を主張、昨秋には会談もした。新党結成などの共闘には否定的で、「それぞれの立場でやった方がいい」と主張してきたが、独特の政治勘からか、今回は「勝負どころ」と読んだようだ。

 小泉氏は昨年11月、日本記者クラブで安倍晋三首相に「即原発ゼロ」を迫って以降、表舞台に出ず、近日中の予定も入っていない。同氏に近い関係者は、週明けに細川、小泉両氏が都知事選での対応について会談するとの見通しを示した。

 「細川・小泉劇場」が現実味を帯び始め、自民、公明、民主の「舛添相乗り」構図は、一変した。

 舛添氏支援のはずだった民主党は9日、細川氏を「最有力候補」にした。自主投票の日本維新の会も、日本新党で細川氏側近だった松野頼久国会議員団幹事長らが応援に回るとみられ、渡辺喜美代表が小泉氏に出馬打診したとされるみんなの党も、同様だ。93年の細川政権樹立の立役者で、都知事選の対応が注目されていた生活の党の小沢一郎代表も、支援することが濃厚だ。ただ、すでに出馬表明した宇都宮健児氏も脱原発を主張。細川氏出馬なら票を食い合う可能性もある。

 「殿」と、今も国民的人気の小泉氏の共闘なら、無党派の支持を集める可能性が高い。そうなれば、舛添氏支援を決めた自民党も、一枚岩ではなくなる。首都決戦での負けだけは避けたい自民&安倍政権には、想定外の展開といえる「後出しじゃんけん」に、なるかもしれない。【中山知子】

 [2014年1月10日9時31分 紙面から]



 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと。 - ジャンル : 日記

コメント

No title

日経電子版で現在行われている都知事選に関する読者アンケートにおいて、
「誰に都知事になってほしいですか」の問いに対して、田母神さんが細川さんを大きく引き離して、
堂々の2位につけています。
また、「都知事選で最も重要な争点は」の問いでも「原発の是非」は大きく水をあけられた3位に
甘んじています。やはり都民の常識的な目は確かですね。 
「脱原発」をなんとかして都知事選の争点にしようとしているマスコミ各社は焦ってきていることでしょう。
「東京都市博中止」のワンイシューで当選した青島知事が、結局何もできなかったという
苦い失敗の経験を都民は忘れてはいないんだと思います。
田母神さんに風が吹くことを祈念しています。

Re: No title

やまさん、

全く同感です。
田母神さん以外には、まともなのがいませんね。
東京都民ではありませんが、応援しています。

なお、誤解している人がいるかもしれませんが。
私は脱原発派ではありません。
推進はしませんが、容認派です。
危ないものを取り扱う以上、もっと安全対策をすべきだという考えです。

No title

あの強引な「猪瀬降ろし」から始まった、今回の都知事選に
関する様々な出来事に、「違和感」を感じているのは私だけ
なのでしょうか?

自民党は本気で舛添氏を当選させたいのか?
本当に脱原発が最も重要な争点なのか?
警戒している都市災害は天災だけなのか?
東京オリンピックに大きな利権なんて期待できるのか?
9条改正と脱原発で儲かるのは米国の方じゃないのか?
いたちはITACHIとかITATSIって書くんじゃないのか?w

きっと本当の事というものは、すぐには見えないものなの
でしょうが、真ん中に立って対極を見極めれば、いつかは
OYOYOと驚くような真実が見えてくるのかもしれませんね。

Re: No title

ITATIさん、

> あの強引な「猪瀬降ろし」から始まった、今回の都知事選に
> 関する様々な出来事に、「違和感」を感じているのは私だけ
> なのでしょうか?

⇒ 私も同感です。
  何かまずいものを踏んだんでしょうね。
>
> 自民党は本気で舛添氏を当選させたいのか?

⇒ 安倍首相は、上手にくせ玉を投げるようになりましたね。
  ブレインのおかげでしょうか。
  党内左派の石破、石原潰しに思えます。
  落選しても公明党の顔を立てて、結果として田母神氏に決まれば御の字、
  と思っているのではないでしょうか?  

> 本当に脱原発が最も重要な争点なのか?

⇒ ありえません。

> きっと本当の事というものは、すぐには見えないものなの
> でしょうが、真ん中に立って対極を見極めれば、いつかは
> OYOYOと驚くような真実が見えてくるのかもしれませんね。

⇒ そうですね。概して大きいものほど、視野に入らないものです。

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters