小倉百人一首 第15番


今回は第15番です。
私なりの解釈を、下記に述べます。

なお、ねずさんの解釈はこちらです。
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2175.html (13~15番歌)




第15番
君がため 春の野に出でて 若菜摘む 我が衣手に 雪は降りつつ
光孝天皇(男)


(人物及び時代背景)
第58代光孝天皇は、第57代陽成天皇が退位したのち55歳で即位した。
彼は、先帝である陽成天皇の祖父の弟に当たる。
当時としては、異例の高齢での即位であった。

9歳で即位した陽成天皇は暴君との評判があり、摂政だった叔父藤原基経により嫌われていた。
遂には宮中で乳母が撲殺される事件があり、強制的に退位させられている。
(注:ただし表面的には、病気による自発的退位である)
僅か17歳の若さであった。

若菜とは、この陽成天皇のことであろう。

皇統図 54~60代


(歌の解釈)
通常君は天皇のことを指すが、光孝天皇は天皇であるため、ここでの君は天下万民を示す。
春の野に出でては、天皇に即位して治世を行ない始めたことを示す。

その結果、まだ若い芽を摘むことになった。
兄の孫にあたる陽成天皇の退位である。

暴君だったとはいえ、前途あるまだ若い天皇を退位させてしまった。
争いにならないよう、あえて傍系で年配の光孝天皇が選ばれたのであろう。

天皇に即位するということは、本来ならめでたいはずなのであるが、こういう経緯があるから素直には喜べず、自分の心の中には冷たい雪が降っているのである。

そういう複雑な気持ちを詠んだ歌であろう。
心優しい人柄が伺える。

たとえ天皇であろうとも、暴君であれば退位させる。
そんな治世を行うのが、我が国日本の姿である。

これも合わせて理解できよう。


なお、百人一首の選者である藤原定家は、天智天皇・持統天皇の場合と同じように、天皇家が分裂しかねない状況に陥った場合、双方の歌を取り上げている。
中立性・公平性を保つためであろう。

諸外国では、歴史は勝者が一方的に作るのが一般的なのだが、それとも一線を画していることが分かる。



この歌の趣旨は、私には、このように感じましたが。
読者の皆さんは、どうだったでしょうか?

 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters