富士山は徳川家康のものだった?

 
へぇー。
富士山って、私有地だったのね?

8合目以上がそうなんだけど。


http://www.fujiyama-navi.jp/quiz/column1/
富士山は徳川家康のものだった?


富士山は誰のもの、と聞かれたら、日本人のほとんどの人は「みんなのもの」と答えることだろう。まさしく「日本の宝」ともういうべき山だし、年間30万人以上の登山客が訪れる観光スポット。すべての日本人のものだと考えるのはよくわかるが、実はこれは誤りである。

 富士山の一部、八合九勺(3360m)から上は「私有地」なのだ。

 歴史のある霊山を私物化するなど、いったいどこの不届者だと思うかもしれないが、安心して欲しい。頂上に鎮座している「浅間神社」が持ち主なのだ。
 浅間神社は、全国に1300以上あり、中でも富士宮市宮町に位置する富士山本宮浅間大社は総本宮である。祭神に木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)、彦火瓊々杵命(ひこほのににぎのみこと)、大山祇命(おおやまづみのみこと)を祀る。
 本社神殿は武田信玄公の厚い信仰を受け、桃山時代の高荘な建造物として国の重要文化財に指定されている。また毎年、7月1日は450年以上続いている「お導開き(おみちびらき)」をし、富士山の山開きも行っている。
 このようなことからもわかるように、浅間神社と富士山の結びつきは古い。そもそもの持ち主はあの徳川家康で、1606年に家康から大社に寄進されたと伝えられる。
 ところが、明治維新後の1871年に国有地化。太平洋戦争後、全国で国有地された土地が寺社へと返還されたが、富士山頂だけは一部を除いて返還されなかった。

 1974年の最高裁判所の判決によって、あらためて浅間神社のものと認められたが、それでもなかなか返還されなかった。静岡、山梨両県の県境が画定されていないため登記できなかったのである。それからさらに30年の時が流れ、2004年、財務省東海財務局が県境問題よりも優先することで調整し、ようやく無償譲与した。こうして134年ぶりに、富士山山頂はもとの持ち主に戻ったというわけだ。
 富士山の頂上というのは、正しくは神様の家。そう思うと、富士山登山もまたひと味違った趣になるに違いない。



http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10105005160

1974年の最高裁判決で、富士山の8合目以上のほぼ全域が富士宮市にある冨士山本宮浅間大社奥宮の境内として認められています。また判決からかなり時のたった2004年に、富士山8合目以上の国有地約385万平方メートルが、冨士山本宮浅間大社側に無償で譲り渡されています。 



 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters