遠隔操作事件 片山被告が起訴内容認め謝罪

 
彼は自衛隊か警察で、サイバー部隊の裏メンバーの一員として、更生というか育成というか利用というか、、、。
そうすれば、いいんじゃないかな?

米国なら、きっとそんなふうにするかと。


遠隔操作事件 片山被告が起訴内容認め謝罪
5月22日 18時20分 NHK


パソコンの遠隔操作事件で、片山祐輔被告の裁判が保釈が取り消され再び勾留されてから初めて東京地方裁判所で開かれました。
片山被告は「全部事実です」と述べ、起訴された内容をすべて認めたうえで、一連の事件で誤って逮捕された人などに謝罪しました。

インターネット関連会社の元社員、片山祐輔被告(32)は、他人のパソコンを遠隔操作しインターネットの掲示板などに殺害や爆破の予告を書き込んだとして、威力業務妨害などの罪に問われています。
裁判では一貫して無罪を主張してきましたが、3日前、一転して弁護団に自分が一連の事件の犯人だと認めました。
保釈を取り消され、再び勾留されたあと初めての裁判が22日午前10時から東京地方裁判所で開かれました。
20日、身柄を拘束されたときと同じ黒いポロシャツを着て法廷に出た片山被告は、裁判長から改めて認否を尋ねられると「全部事実です」と述べて、起訴された内容をすべて認め、無罪主張を撤回しました。
そのうえで、弁護士に促され、「今まで多くの人をだましていました。脅迫した方々、誤認逮捕された方々、うそをついてだましてしまった人たち、すべてを裏切りました。すべての人に本当に申し訳ないです」と謝罪しました。
また、検察官から認めた理由を問われると「みずから真犯人を名乗るメールを送ったことがばれ、言い逃れできないと思った。死ぬことを考えたが、死にきれなかった」と述べました。
.

必要があれば追起訴を検討

片山被告が一連の犯行を認めたことを受け、検察は22日の裁判の中で、他人のパソコンを遠隔操作するウイルスのプログラム作成過程や今月16日に報道機関などに送りつけられたメールについても捜査を行い、必要があれば追起訴することを検討する考えを示しました。
また片山被告の弁護士は、この捜査のために来週以降、片山被告の事情聴取を東京拘置所で行うことを検察官から要請されたと明らかにしました。


弁護士「法廷で謝罪を促した」

裁判のあと記者会見した佐藤博史弁護士は「片山被告は事前に法廷で謝罪したいと話していたので、罪を認めたあと、謝罪のことばを自分の口から話すよう促した。被告に自分がしたことの重大さを感じさせるためには、一連の事件の被害者を証人として出廷してもらうことが極めて重要になる」と述べました。


「『反省した被告』を演じたらだめだ」

佐藤博史弁護士は、22日の審理を終えて片山被告と接見したあと、改めて会見を行いました。
この中で佐藤弁護士は、「片山被告はきょうの法廷について『傍聴人の自分に対する視線が怖かった』と話す一方『すがすがしい気持ちもしています』と話していた。これまで偽りの無実を演じていたので、それを言わなくて済んだ、ありのまま言えばいいということから出たことばだと思う。私からは『反省した被告』を演じたらだめだと伝えた」と話しました
また、今後の裁判について佐藤弁護士は「これまで無罪主張を前提に証人尋問などが予定されていたが起訴内容を認めたことで今後は審理の内容が見直されることになる。現時点では判決がいつになるかは分からない」と話しました。



しかし、弁護士の方は、人間のくずですね。

「『反省した被告』を演じたらだめだ」 とか…。

 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと。 - ジャンル : 日記

コメント

No title

パソコンだけでなく、人間の感情や脳を遠隔操作する技術も存在するようです。
日本でも数千人被害者がいるといわれてます。
被害者のブログもたくさんありますので、一つ紹介します。

さくらんぼの実る頃
http://sakuranbonokisethu.blog.fc2.com/

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters