「恥ずかしいとの感覚を」=国のアジア外交に苦言-舛添都知事

 
いってらっしゃい。
もう帰って来なくていいからね。^^)

講演では「ぜひソウルに行きたい」と述べ、訪韓への意欲を強調したのだとか。

「恥ずかしいとの感覚を」=国のアジア外交に苦言-舛添都知事
時事ドットコム

 東京都の舛添要一知事は28日、都内で開かれた内外情勢調査会東京本部懇談会で講演し、日中、日韓関係が冷え込んでいることに関し、「日本政府の最大の問題は近隣の国々とうまくいっていないことだ」と述べ、国のアジア外交に苦言を呈した。オバマ米大統領の仲介によって3月に日韓の首脳会談が実現したことについても、「そういうのは(本来)恥ずかしいことだという感覚があった方がいい」と指摘した。 
 舛添知事は4月、東京都の姉妹友好都市である中国・北京市の招待を受けて訪中。汪洋副首相や唐家※(※=王ヘンに旋)元国務委員(中日友好協会会長)、王安順北京市長と会談し、大都市が抱える幅広い課題で協力関係を強化することで同市と一致するなど、都市外交に力を入れている。講演では「ぜひソウルに行きたい」と述べ、訪韓への意欲を強調した。(2014/05/28-16:27)



この「恥ずかしい」という言葉。
日本人は弱いんですね。

イギリス人男性に対する「紳士」のようなもの。

いまだにコロッと騙されるん人もいるんですね。
悪用してはいけません。

 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

>「恥ずかしいという感覚を」
おまえが言うな!ですよねぇ。

マスゾエさんには、国家感が感じられません。恥ずかしいことをしているのは中韓で、論理のすり替え。


東京は政治意識の高い人もいますが、日本・世界情勢など、なーーーんにも知らない人がザクザクいます。

都知事選結果には、脱力感を覚えました。

Re: タイトルなし

雨も好きさん、

そうですね、まさに、論理のすり替えです。
どう見ても恥ずかしいことをしているのは、中韓の方ですね。

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters