次の見直しは、「A級戦犯」

 
従軍慰安婦を認め謝罪した河野談話。
諸悪の根源ですね。

作成過程を検証した結果、実質的にその内容は虚偽であったことがばれました。
一歩前進ですが、同じような検証をまだまだ行う必要がありますね。

まぁ、南京大虐殺やら東京裁判やらを大々的にやると、連合国側から酷い目に遭いますが。

ただ、A級戦犯については、問題がないかと思います。
これは、単なる誤訳の問題だからです。

正しくは「A級」ではなく、「A項」ですね。
ABCは罪の度合いを示しているのではないのです。

単なる分類に過ぎません。
だから、「A類」でも構いませんね。

「A級」の発音が、「永久」と同じです。
勘違いしている人も、中にはいるんですね。

日本語的には、この「ABC」に相当するのは「イロハ」
だから、本来なら「イ項」とするべきです。

たったこれだけで、A級戦犯の議論は、大きくトーンダウンするかと。

ウィキペディアも、その記述になっていますね。

A級戦犯 (ウィキペディアより)

定義と問題点

A級戦犯はロンドン協定により開設された極東国際軍事裁判所条例の第五条(イ)項の定義により決定された。

極東国際軍事裁判所条例第5条 人並ニ犯罪ニ関スル管轄 本裁判所ハ、平和ニ対スル罪ヲ包含セル犯罪ニ付個人トシテ又ハ団体員トシテ訴追セラレタル極東戦争犯罪人ヲ審理シ処罰スルノ権限ヲ有ス。

(イ)平和ニ対スル罪即チ、宣戦ヲ布告セル又ハ布告セザル侵略戦争、若ハ国際法、条約、協定又ハ誓約ニ違反セル戦争ノ計画、準備、開始、又ハ遂行、若ハ右諸行為ノ何レカヲ達成スル為メノ共通ノ計画又ハ共同謀議ヘノ参加。

(ロ)通例ノ戦争犯罪即チ、戦争ノ法規又ハ慣例ノ違反。

(ハ)人道ニ対スル罪即チ、戦前又ハ戦時中為サレタル殺人、殲滅、奴隷的虐使、追放、其ノ他ノ非人道的行為、若ハ犯行地ノ国内法違反タルト否トヲ問ハズ、本裁判所ノ管轄ニ属スル犯罪ノ遂行トシテ又ハ之ニ関連シテ為サレタル政治的又ハ人種的理由ニ基ク迫害行為。

上記犯罪ノ何レカヲ犯サントスル共通ノ計画又ハ共同謀議ノ立案又ハ実行ニ参加セル指導者、組織者、教唆者及ビ共犯者ハ、斯カル計画ノ遂行上為サレタル一切ノ行為ニ付、其ノ何人ニ依リテ為サレタルトヲ問ハズ、責任ヲ有ス。



原文(英文)はこちら。

http://www.jus.uio.no/english/services/library/treaties/04/4-06/military-tribunal-far-east.xml
Article 5

Jurisdiction over persons and offences

The Tribunal shall have the power to try and punish Far Eastern war criminals who as individuals or as members of organizations are charged with offences which include Crimes against Peace.

The following acts, or any of them, are crimes coming within the jurisdiction of the Tribunal for which there shall be individual responsibility:

a.
Crimes against Peace
: Namely, the planning, preparation, initiation or waging of a declared or undeclared war of aggression, or a war in violation of international law, treaties, agreements or assurances, or participation in a common plan or conspiracy for the accomplishment of any of the foregoing;

b.
Conventional War Crimes: Namely, violations of the laws or customs of war;

c.
Crimes against Humanity: Namely, murder, extermination, enslavement, deportation, and other inhumane acts committed against any civilian population, before or during the war, or persecutions on political or racial grounds in execution of or in connection with any crime within the jurisdiction of the Tribunal, whether or not in violation of the domestic law of the country where perpetrated. Leaders, organizers, instigators and accomplices participating in the formulation or execution of a common plan or conspiracy to commit any of the foregoing crimes are responsible for all acts performed by any person in execution of such plan.




ちなみに、罪の度合いは、個別に裁判で決められました。
だから、A級戦犯で無罪の人もいれば、C級戦犯で処刑された人もいる。

罪の重さとは関係がないんですね。

 
 
書きながら思ったんですが、なにやら精神病名の改名に似ていますね。(笑)

痴呆症を認知症とか、精神分裂病を統合失調症とか。
まぁ、背景は全く異なりますが。

でも、イメージの悪い名前を変えるのは決して特殊なことではなく、ごく普通にされているものですね。

 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters