アルゼンチン 国債利払いできない事態に

 
アルゼンチンのデフォルト。
まだ、猶予期間があったのね。

どおりで静かだと。
本番は、7月30日ですね。

アルゼンチン 国債利払いできない事態に
7月1日 5時34分 NHK

2001年に債務不履行に陥ったアルゼンチンは、アメリカの裁判所の決定によって国債の利払いができないまま期日が過ぎ、今後、30日間の猶予期間に利払いができなければ、再び債務不履行に陥ることになります。

アルゼンチンの債務の問題を巡っては、アメリカの連邦最高裁判所が、債務を全額返済するよう求める投資ファンドの主張を支持する決定を下したことから、アルゼンチンは、投資ファンドへの債務を返済しないかぎり、債務の減額に応じた投資家への利払いができないことになっています。
アルゼンチンは先週、裁判所の決定を無視してアメリカの銀行に国債の利払いに充てるための資金を入金しましたが、ニューヨークの連邦地方裁判所がこれを認めず、アルゼンチンは期日の先月30日になっても利払いができませんでした
ただ、アルゼンチンが国債を発行した際の取り決めで、利払いには今後、30日間の猶予期間が設けられていて、アルゼンチン政府は、ニューヨークの連邦地裁が指名した仲裁人を通じて、投資ファンド側との間で解決策を探ることになります。
仮に、再び債務不履行に陥ることになれば、アルゼンチンの信用力が低下し、国際金融市場を通じた資金調達が難しくなるだけに、アルゼンチン側が債務不履行の回避に向けて何らかの妥協案を示すのかどうか注目されます。
アルゼンチンのキシロフ経済財務相は30日、アルゼンチンの債務の返済を巡り、政府の交渉団をアメリカに派遣するとの声明を発表しました。
それによりますと、7月7日に、アメリカの裁判所が指名した仲裁人を通じて、投資ファンド側との交渉を進めるということです。



 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters