徴兵制のウソ

 
集団的自衛権容認で、出てくるデマ:徴兵制
青山さんが指摘しています。

いまどき、徴兵制はありえません。
まぁ、よく考えれば分かるはずなんですが。

このハイテクの時代。
これらが取り扱えるよう訓練しなければ、役に立ちません。

ましてや、長期間の集団活動ができないような面々は、はなから対象外です。
規律を乱すものは邪魔になります

こんな事実を、
「いい大人も子供達も知らない。先生も知らない!」


 
http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-3118.html

------------------------------------

★青山繁晴
 ザ・ボイス そこまで言うか!
 2014-07.03
 http://www.dailymotion.com/video/x20qthh
25:50辺りから
中学生の娘さんを持つ男性からのメール
「今、中学生の間で、
 ネット上のSNSを使って
 ”集団的自衛権ができたら
 子供は最低でも二年、自衛隊の訓練を
 しないといけなくなる!”
 という嘘情報が流れています。
 自分の子供には、デマに注意するよう
 呼びかけていますが
 LINEやTwitterでも広まっている状態です。
 嘘を並べて不安を煽り、
 世論を誘導しようとしています。
 このやり方は「特定秘密法」の時と同じです。
 今回は、子供をターゲットにしているので
 悪質で許せません!」 

その他のメールでも
「フェイスブックで、
 集団的自衛権が容認された翌日から
 ”18歳の子供達に自衛隊から
  募集の案内が来た”
 という記事が有りました。」

拡散されているデマの文章を紹介

青山繁晴さんの解説
「集団的自衛権どころか
 将来憲法が改正されて自衛隊じゃなくて
 日本国軍、ないしは国民軍になったとしても
 海軍・空軍・陸軍そして海兵隊になってもなお
 徴兵制というのは
 絶対に導入されません!
 それはどうしてかと言うと、
 1975年にアメリカはベトナム戦争に負けました。
 この敗戦を機に、アメリカ軍の大きな変更が有りました。

 それは何ですか?
 徴兵制の廃止! そうです。
 戦争に負けて、実はアメリカは、
 2度と負けないように
 徴兵制になったんじゃなくて
 国民から徴兵するのを止めました。
 逆に、負けるまでは徴兵制だったけど
 国民から徴兵するのを止めて志願制にしたんです。
 何故かと言うと
 アメリカなりにベトナム戦争の教訓をくみ取って
 ”プロでないと戦争に勝てない”と
 もう時代は変わったと・・・
 例えば徴兵制ってのは、まさしく悪質なのは
 2年位の場合が多いのですが
 2年間だけ兵士やってもらっても
 どんどんハイテク化していく
 兵器自体に、使えない!
 自ら志願して組織に入り、
 そして特殊な訓練をきちんと受けて、
 どんな場合にも
 技術的に対応できるプロを作らないと
 これからの戦争は勝てないと、
 アメリカは解っていって、
 今ずっと志願制のままなんです。
 
 で、日本国は、人口が減りますから
 余計にどんどん武器体型はハイテク化していってるし
 ハイテク化するしか有りません!
 従って、人口が減る中で徴兵制は
 2年とか最大でも3年とかやってもらっても
 ソレ、何の役にも立たないので、
 集団的自衛権の容認とか憲法解釈が進めば進むほど
 徴兵制から、どんどんどんどん遠ざかっていって
 必ず、志願制が強化されるだけです。
 
 中学・高校生が
 望まないのに兵士にされる事は
 ありません!!

 はい、これ世界の常識なのに、
 日本だけが、この1945年の
 第2次世界大戦が終わった時の感覚で
 止まってしまっているから
 いい大人も子供達も知らない。
 先生も知らない!
 ということになってしまっている。(以下略)」
 

-------------------------------------

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

まか不思議

基本的に日本は「平和崇拝」国家ですから、軍事に関するものは「畏れ多いモノ」として無視・・・というか完全な悪として封印してきましたから、それがいきなり集団的自衛権と言われても理解できないんじゃないですか?
理解できないからちょっとしたことを吹き込まれるとすぐ信じ込んでしまう。相手ひが名門大学教授や専門家なら、肩書きに弱い日本人の民族性から余計に信じ込み、それを法典のように神聖視してしまう、困ったものです。
だいたい世論誘導をしようとしている人も、それを信じ込む中高生も困ったものです。徴兵制が現代戦にマッチしていないのはネットや書籍を閲覧すればすぐに分かる情報社会なのに、疑念を感じて調べようともしない、前述した民族性なのでしょうが、端的に言えば、勉学を忘れ、ただ人の言うことを盲目的に信じ、公を疎んじ私に溺れるダメな学生が増えた証拠でしょう。
国防という崇高な任務についている自衛隊は、そんなLINEにうつつぬかしている奴らなどいらんでしょうし、いい迷惑ですね。
そもそも、集団的自衛権の対象者は陸海空自衛官たちであり、そういった人々を放って、部外者が大騒ぎしているのは意味が不明だ。
それとも子供が喚けば、その同情から集団的自衛権が廃案となるとでも思っているのだろうか?普段は政治や国際情勢について考えたこともないクセに、五月蝿いから少し黙ってろと言いたい。

Re: まか不思議

ドラエモンさん

そもそも、自衛の「権利」が、徴兵の「義務」にすり替わるところからしておかしいですね。

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters