シベリアで巨大な陥没穴が発生!

 
またシベリアで、巨大な陥没穴が発見されたようです。
世界のあちこちで、発見されています。

見事にくり抜かれていますね。
これもまた、以前の記事と同様かと思っていましたが。
http://oyoyo7.blog100.fc2.com/blog-entry-630.html

でも、よく見ると違いますね。
違いのポイントは、穴の周囲のえぐれ方と、散らばった土砂です。

 
シベリアで巨大な陥没穴が発生!メキシコやペルーでは地割れ!全世界各地で異常な地殻変動!
http://www.asyura2.com/13/jisin19/msg/844.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 7 月 17 日 20:11:05: igsppGRN/E9PQ

シベリアで巨大な陥没穴が発生!メキシコやペルーでは地割れ!全世界各地で異常な地殻変動!
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-3177.html
2014/07/17 Thu. 20:00:36 真実を探すブログ

シベリアの巨大な陥没穴

世界中で変わった地殻変動の発生が報告されています。南米のメキシコやチリでは突如地面が数百メートルも動き、地割れが発生しました。また、ロシアのシベリアでは大型ヘリコプターが入れるほどの巨大な陥没穴が発生。発生した原因などは分かっていませんが、現地メディアは「隕石か!?」と騒いでいます。


ここ数十年ほど世界中で「シンクホール」と呼ばれている地面が抜け落ちる現象の報告が多発しているので、ロシアの現象はそれと同じものかもしれません。ただ、ここまで巨大なシンクホールは私も初めてで、規模の大きさにちょっとビックリしました。


スマトラ島沖巨大地震以降、地球の地殻変動が増加中で、「地球全体が縮小している」という指摘もあります。これは地球膨張説とも呼ばれている物で、地球は定期的に風船のように大きくなったり、小さくなったりを繰り返しているという説です。これは仮説の枠を出ませんが、大陸移動説等も地球膨張説で補強することが出来ます。とにかくも、ここ数十年で地球全体の地殻変動が急増しているのは事実なので、その原因がとても気になるところです。


☆Ямал - невероятная воронка Giant Hole in the ground - Yamal (Russia)



☆シベリア・ヤマル半島 巨大な陥没穴見つかる 隕石衝突の跡か!? (ビデオ)
URL http://japanese.ruvr.ru/news/2014_07_13/274554222/
引用:
ロシア連邦・シベリアのヤマロ・ネネツ自治管区にあるヤマル半島で、巨大な漏斗状の陥没穴が発見された。この穴を空中から撮影したヘリコプターのパイロットらによれば、穴の規模は、ヘリコプターMi-8型機数機が楽に内部に下りて行かれるほど非常の大きい。
続きを読む: http://japanese.ruvr.ru/news/2014_07_13/274554222/
:引用終了

☆メキシコ Ejido de Viesca se parte en dos
URL http://www.milenio.com/region/Viesca-zanja-grieta-Proteccion_Civil_de_Coahuila-lluvias_0_324567886.html

☆チリ Cusco: Limatambo en emergencia por falla geológica en cerro
URL http://www.larepublica.pe/01-07-2014/limatambo-en-emergencia-por-falla-geologica-en-cerro



ちなみに以前の記事:グアテマラの陥没穴の写真は、こんな感じです。
ttp://www.geo-yokoi.co.jp/Kuudou/Guatemara_Kanbotu.htm
グアテマラ陥没 101

すぽっとくり抜いたような穴です。
これが起こるのは、空からブラックホールが落ちてきたため。

まぁ、ごくごく小さな霧状のもののうちの、その小さな1粒。
星の爆発に伴って生成し、超高速で宇宙を飛んでいるはずです。

小指の先の半分ほどで、富士山の重さに匹敵するだけの比重があります。
これだけ比重が大きいと、ほとんど抵抗もなく、地面には突き刺さります。

空気の中を飛ぶ、パチンコ玉みたいなものですね。
ほとんど抵抗はありません。

そして刺さりながら、周囲の土石を吸い込んでいきます。
すると、くり抜いたような穴が形成されるはず。

そう考察したんですが。

今回もよく似た現象ですが、
でも穴の周囲の状況が違いますね。

周囲が荒れています。

参考になるのは、銃創(被弾したときの傷跡)。
入り口では小さく、出口では広がるものです。

弾が回転していたり、割れ易いというのも原因の一つではありますが。
でも、一般的に、出口の方が広がるものです。

有名なのはケネディさんの事件ですね。

つまり今回の陥没穴は、前回記事の逆。
これは、ブラックホールが、突き抜けて出て行った跡ですね。

地球のどこか裏側に突き刺さり、それがシベリアから出て行った。
こういうことになるかと。

まぁ、私の推測ですが。




前回の記事の後に、気付いた点があります。
まだ書いたことはないんですが。

基本的には、このマイクロブラックホール。
いや、もっとはるかに小さいものでしょうが。

光速に近い速度で飛んでいるはずです。
だから、瞬間的に突き刺さり、一瞬のうちに地球を突き抜けて、宇宙の彼方へ飛び去って行くはず。

でもずっと遅いものが飛来してきたら…。
地球の中に留まりますね。
中心付近です。

そして、そこで質量を失なったとき…。
その質量に匹敵するだけの、膨大なエネルギーが放出されるはずです。

世界地図を見れば分かりますが。

アフリカと南米の両大陸。
海岸線がよく似ていますね。

このエネルギーが、地球にひびを入れたり、さらにはポールシフトの原因となる。
そういう可能性もあるかと。

まぁ、私の妄想かも知れませんが。(笑)
そういう気がします。

 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: No title

○○さん、

いやいや、ありうると思いますよ。

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters