平時には貧乏人から搾取し、有事の際には金持ちから搾取する

 
先日こういう内容を書きました。
何故なのか、その理由が分からない人もいるかと思いますので、少し補足しておきます。



紙幣の切り替え・デノミの準備に入る日本政府
http://oyoyo7.blog100.fc2.com/blog-entry-2699.html

平時には貧乏人から搾取し、有事の際には金持ちから搾取する。
この2つはセットであり、片側だけでは成り立たない。




これはミツバチの巣から、ハチミツを回収するのを思い浮かべると良いかと。

ハチミツは、ミツバチが運ぶ花の蜜でできています。
一匹一匹がごく僅かずつですが、繰り返し運んできて、長い時間をかけて溜まったものがハチミツです。

働きバチがいないと、ハチミツは得られません。
でも人間は、一匹一匹のハチまでは、いちいち管理できませんね。

まぁ、当たり前ですが。

だから女王バチに、巣を管理させているわけです。
人間はさらにその女王バチを管理することで、ハチミツという『甘い汁』を労せずして得るんですね。

枠組みだけ作って、あとは寝て待つわけです。

よく働くよう教育するとか、怠けないよう叱るとか、一匹ずつのハチに対して、そんなことは一切しません。
環境を整えるだけです。

あとは、多少の数ならば、死のうが行方不明になろうが、そんなことは気にしません。
そんなめんどくさいことは、女王バチに一任しています。

人間が欲しいのは、ハチミツという甘い汁だけです。

平時には貧乏人から搾取する。
有事の際には金持ちから搾取する。

この構図において、働きバチを貧乏人、金持ちを女王バチ、そして人間を世界支配層とすれば、その意味が理解できますね。

そうです。
これは、ヒエラルキー(階級社会)そのものですね。

何のことはない、金持ちは貧乏人から搾取しているようで、最後には自分も搾取されるのです。
平時には、世界支配層の代理で、富を集めているに過ぎません。

女王バチは、いずれ集めたミツを奪われるのを知りません。
これと同じように、金持ちもいずれ奪われる運命にあることを知りません。

有事を起こして、そこで搾取しないと、世界支配層にとっては意味がないのです。


人間の場合、奪われることへの直接的な不満は、その対象へと向かいます。
貧乏人は、金持ちを恨みますね。

まぁ、私もそうでしたが。(笑)

何でこんなに仕事が多いのだ…、とか。
何でこんなに給料が安いのだ…、とか。
何でこんなに長時間働かせるんだ…、とか。

こういう直接的な不満は、会社の上司や社長へと向かいます。
でも、その先へとはまず向かいません。

対象が目に見えなくなるからです。
でも本当はその原因が銀行にあったり、もっともっと先があるはずですが。

会社が社員から搾取したものは、そっくりそのまま銀行が搾取している。
こういう現実があります。

これはちょうど、トーナメント戦のようなものです。
1回戦の相手で苦しんでいるのに、そのずっと先にある5回戦とか10回戦の相手とか、そこまでは目に見えませんね。

人間の場合、奪われることへの直接的な不満は、身近なその対象へと向かいます。
貧乏人は、身近な金持ちを恨みますね。

これは支配層にとっても、実に都合の良い事実なのです。

搾取の限りを尽くしても、自分たちは決して恨まれないのです。
というか、自分たちがその犯人であることすら、気付かれもしません。

圧倒的大多数の人は、気付きもしないのです。
これは支配層にとっても、実に都合の良い事実なのです。

金持ちが没落したときは、むしろ、貧乏人には歓迎さえされるくらいです。
実際に終戦後の混乱期には、こういう事態が起こりました。

平時には貧乏人から搾取し、有事の際には金持ちから搾取する。
この2つはセットであり、片側だけでは成り立たない。

この2つはセットであり、片側だけでは成り立たない、の意味。
もう、お分かりですね。

世界支配層が、あらゆる人民より搾取する。
こういう前提で考えると、至極合理的で当たり前という結論になるかと。

 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters