笹井副センター長が死亡=研究所に遺書、自殺か-兵庫

 
再現性が確認されたのかも??

笹井副センター長が死亡=研究所に遺書、自殺か-兵庫
時事ドットコム

 神戸市の先端医療センター内で5日午前9時ごろ、理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB、同市)の笹井芳樹副センター長が死亡しているのを巡回中の警備員が発見した。遺書のようなものが残されており、自殺とみられる。

 理研によると、遺書は医療センター内にある笹井氏の研究室で、秘書の机の上に置かれていた。
 笹井氏はCDBの小保方晴子研究ユニットリーダーらによる「STAP(スタップ)細胞」の英科学誌ネイチャー論文の執筆を主導した。(2014/08/05-10:47)



 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと。 - ジャンル : 日記

コメント

既にご存知かもしれませんが、笹井氏が残した遺書にはSTAP細胞を再現を望む内容が記されていたそうです。自殺の理由(あるいは本当に自殺かどうかも)はまだ明らかではありませんが、決して己の死を利用させまいという執念(怨念のほうが適切かもしれません)のようなものを感じます…

Re: タイトルなし

無位無冠さん、

読みました。
神戸新聞の記事ですね。
http://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201408/0007208762.shtml

『疲れた』というのも、よく理解できます。
こういう時に『憑かれる』んですね。
魔物がつくんです。
憑依です。

私自身いろいろと経験があるから、これもよく理解できます。
変な話ですが、半年ほどもてば、何となくある程度耐性ができるんです。

半年を乗り越えれば、こういう状態は、悶々と長く続くんです。
なかなか最後の一歩までは踏み込めないものなんですね。

ここで新たな事件がのしかかってくれば、展開は変わります。
最後のトリガーになる可能性があります。

今月中に中間報告を出す予定だったと聞きましたが。
ここで、重大な事実が判明したのではないのかと。
やっぱりウソでしたでは、当初の予定通りであって、何も変わりませんね。


一方、他殺説も拭えませんね。
特に今日は、朝日の謝罪記事とぶつかっていて、朝日の記事が見事に消えています。


武田先生のコメントも、是非皆さんの詠んでほしいですね。
メディアが殺したという趣旨です。
http://takedanet.com/2014/08/post_31b5.html


ところで、この事件は、元々変ですね。
捏造認定していながら、小保方氏はクビどころか謹慎処分にさえなっていません。
それどころか、再現実験に参加していますね。
順序が違いますね。

本人は200回は成功したと言っています。
私にはウソを言っているようには見えませんでしたが。


いずれにせよ、大きな力が裏で動いているように、私には感じます。
 


武田先生の記事。読んでみましたが今のメディアがやってることって話題に上がっている人物に弁明の機会を与えずにリンチする行為…これって中世の魔女狩りそのものなんですね。放送法も有名無実です。なんか日本のマスメディアが近い将来殲滅されるのってある意味必然なんでしょうね。

>一方、他殺説も拭えませんね
もしかしたら朝日新聞の謝罪から気をそらすためだけに笹井氏は犠牲になったのかもしれませんね。流石に突飛すぎるとは思いますが…

>ところで、この事件は、元々変ですね。
捏造認定していながら、小保方氏はクビどころか謹慎処分にさえなっていません。

言われてみれば捏造認定しながら処分どころか当の理研が捏造した張本人である小保方氏を庇いだしたりと不自然な点が多いですね。さらに言えば小保方氏も理研もどうもこの事件の収束を引き伸ばそうとする意図を感じてなりません。STAP細胞騒動は何かのカモフラージュないしスケープゴートだったりするんでしょうかねえ?

遅れましたが、ご返信誠にありがとうございます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters