これ、何だ??

 
主に焼き芋の包み紙や天ぷらの廃油処理用紙、または便所掃除時の代用雑巾として使用されるもの。
(出典:アンサイクロペディア)



答えはこちら。^^) 

 
 


http://ja.uncyclopedia.info/wiki/%E6%9C%9D%E6%97%A5%E6%96%B0%E8%81%9E
朝日新聞

朝日新聞(あさひしんぶん)とは、朝日新聞社が製造する多用途梱包材であり、主に焼き芋の包み紙や天ぷらの廃油処理用紙、または便所掃除時の代用雑巾として使用される。梱包材の表面には「天声人語」と呼ばれる象形文字のポエムが印刷されており、多くの日本人を洗脳していっている。このページは朝日新聞社所属のアンサイクロペディアンが目を光らせているため、彼らが満足するようなきれいごとを並べた内容になっている。朝日新聞の裏の顔を知りたい者はこちらを参照されたし⇒朝日新聞 (ちょうにちしんぶん)

概要

日本国内の主要紙において、戦前から戦後、そして現在に至るまで、断固として基本理念を変えることの無かったほとんど唯一の梱包材メーカーである。その報道紋様に対する、決して揺らぐことのない姿勢、すなわち、「読者利用者第一主義」は梱包材兼廃油処理用紙のあらゆる部分において具体化されている。それゆえ、他の梱包材メーカーが何もしないときは奇妙な柄の梱包材に見え、他の梱包材メーカーが何かやっている時は品行方正な柄の梱包材に見えるという、光の当たり具合によって色が変化するマジックカラーを採用した梱包材である。以下では「消費者」を「読者」、「梱包材メーカー」を「新聞社」、「梱包材」を「新聞」と略する。なお、新聞に使われている紙の原材料は謎であるが、廃油の処理に適していることだけは確かである。




(おまけ)

http://ja.uncyclopedia.info/wiki/%E6%96%B0%E8%81%9E
新聞

新聞(しんぶん)とは、庶民が使う安価だが品質の低い便所紙の俗称である。 また、トイレットペーパーと交換できるお得な商品券である。

朝と夕方に配達されるが夕刊を購読している人は少ない。

歴史

元々明治維新以前の貴族や位が高い武士は、用を足した後にしりを和紙などの柔らかい紙で拭いていた。しかし庶民には和紙を買えるような金がなかった為に、蕗の葉や左手などで代用しなければならなかった。

しかし明治を迎え、多くの欧米の物が日本に流入してくる中で、安価な紙が西洋から伝わってきた。今まで不潔な環境で用を足さなければいけなかった庶民には、この紙の伝来は大変歓迎された。また位が高い人々も、ロール状になっていて使いやすいこの紙を重宝した。欧米から伝わってきた、今まで聞いたの事のない新しい紙、という意味で、人々はこの紙を”新聞”と名付けた。

この当時の新聞の利用法として著名なものに、明治5年の秋、後に日本警察の父と呼ばれることになる川路利良の渡欧中の行為がある。彼は、マルセイユからパリへ向かう列車内で便意を催したもののトイレの場所がわからず、「こんなこともあろうかと」日本から持参していた新聞紙を取り出し、その上に排便、新聞紙に包んで窓から不法投棄した。その新聞に包まれた大便は地元警察に届けられ、珍しい拾得物としてフランスの新聞紙面を賑わした。

時は流れて戦後、GHQが使っていたより高価で肌触りの良いToilet Paperが金持ちの間にも広がり、富裕者の間では新聞の需要は年々低くなっていった。

庶民はその後も新聞を使っていたが、近年は庶民の間にも徐々にトイレットペーパーが広まりつつある。



 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters