メガネなしで3D映像を空中に表示

 
これで空にUFOを映し出したり、キリストを降臨させるのね!?
いずれ近いうちに、大々的に。(笑)

(サイトに動画あり)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140901/t10014252881000.html

メガネなしで3D映像を空中に表示
9月1日 16時47分 NHK


特殊なメガネをかけなくても見える立体映像を空中に表示する技術を慶應大学の研究チームが開発し、1日、東京の日本科学未来館でデモンストレーションが行われました。

この技術を開発したのは慶應大学大学院メディアデザイン研究科の舘※すすむ特別招聘教授らの研究チームです。
映画やテレビで普及が広がっている3Dと呼ばれる立体映像は、従来、特殊なメガネをかけて見るものが主流でした。
しかし今回開発された装置は、センサーで見る人の目の位置をとらえ、左右の目に向けて違う映像を送るため、メガネをかける必要がありません
この装置を利用すると、実際にはない物体が目の前の空中にあるように見えるほか、手を使って物体を動かしたり、空中に絵を描くことも可能です。
研究チームは今後、より立体感を高め触り心地も味わえるような技術開発を行うとしていて、映画やゲームのほか、医療機器などへの応用が期待されています。
開発に当たった舘教授は「新技術では裸眼で立体的に見られるほか、多人数での利用もできる。人体の内部の映像や遠隔による医療診断などへの応用が期待できる」と話しています。
この研究成果は2日から横浜市で開かれるゲーム開発者向けのイベントで発表されるということです。
※「すすむ」は「日」へんに「章」



 
 
見える人と見えない人。
まぁ、技術上の問題ですが。

信仰心のあるなしに利用されそうですね。

 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters