二回目が危ないデング熱

  
いま世間を騒がせているデング熱

一回目の発病では、大したことにはならないようですが…。
でも、二回目が危ないそうです。

デング出血熱と呼ばれる、重篤な症状に発展する確率が上がるそうです。
二回目が危ないという点では、アナフィラキシーショックと似てますね。

出血熱という点では、エボラ出血熱もありましたね。
こちらは感染したが最後、ほぼ確実に死ぬ運命に…。

両者の発生は、偶然なのか、それともそうではないのか、、、
気になる点ではあります。

 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

No title

私も疑ってます 人工的に撒かれている と
有色人種削減計画ですね、まさに
エイズ も人工的に作られ、実はペストに強い遺伝子を持つ一部の西欧白人のみが罹っても治ってしまいます
アラブで流行のブタサーズ?もしかり
しかもインドとパキスタン 日本と中華人民共和国 ロシアとウクライナと言ったように互いに憎しみ合い きっかけがあれば簡単に火が付きます
アメリカは外野で見てるだけ、、

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters