蚊にはヒノキチオ-ルが効くかも

 
ど田舎に住んでいるせいもありますが。
蚊に噛まれて困ります。

つい先日うっかりしていて、半袖で庭に出てしまったんですね。
愛犬のトイレののために、ほんの3分ほど。

その間に何と両手両足に3ヵ所ずつ、合計で12ヶ所も噛まれる羽目に…。
もう痒くて、痒くて、その後しばらくは何もできない状態に、、、。

さて、この蚊には、ヒノキチオールが効くのだとか。
ヒノキの香りの成分です。

人間にとっては、癒しの香りですね。

殺菌や忌避剤として、使えるのだそう。
ヒノキチオールなら、入浴剤に用いられているものもありますね。

早速試してみようかと思います。



ところでいま、大きく話題になっているデング熱。
蚊が媒介をします。

市販の忌避剤は、DEETという成分が使われています。

特有の臭い等が苦手な方も、おられるかと思います。
そういう方にとっては、ヒノキチオールは朗報かも知れませんね。

水で薄めてスプレーするだけです。
入浴剤に使われるくらいなので、普通の使い方をする限り、まず危険性はないでしょう。

下記の記事ではイヌ用として書かれていますが、人間に対しても同等の効果が得られるものと思われます。



http://plaza.rakuten.co.jp/aikentotozan/diary/201006220000/
2010.06.22
ひば水・ひば油で犬のノミ・ダニ・蚊防止! ヒノキチオールは天然の芳香無害な忌避剤だ (65)
テーマ:愛犬のいる生活(336739)
カテゴリ:犬

 ノミ・ダニ・蚊を寄せ付けない効果抜群の天然の忌避剤があることがわかった。
家屋の天敵であるシロアリさえ死滅させ、ゴキブリも近寄らなくなる優れものだ。
しかも、その匂いが人の心を癒す良い香りだ。食品や化粧品にも殺菌剤として添加されている。
 万能の魔法の忌避剤だ。愛犬のノミ・ダニ・蚊の防除には最適だ。

 ひば水の商品名でネットで購入できる。青森特産のヒバの木から取れる天然の水溶液だ。ひば油も発売されている。 
その実際の効果をブログ「愛犬問題」愛読者の「居酒屋ままさん」が、その愛犬で月日をかけて確認している。信頼できる。下にその投稿文を掲載する。
原文は獣医が作り話でフィラリア駆虫剤の宣伝広告 獣医師や蚊が出た出たと脅し売り にある。




ひば水      投稿者: 居酒屋おかみさん

 うちのワンコは街で拾って里親になりました。その直後に獣医にフロントラインを強要され、その後、このブログ「愛犬問題」を知り、色々と勉強させていただき、フマキラーなどの家庭用の防虫剤を使っていましたので、ノミ、ダニ、蚊に刺されたことはありませんでした。

 しかし、ワンコにとって臭いの強い防虫剤はかわいそうなので、安全で匂いも良いのがないかとネットで探し、見つけたのがひば水でした。

 ひば水は防虫や殺菌効果が高いです。その上、舐めても安全です。
去年、キャンプに行った時、知り合いのシェルティーは4匹のマダニに噛まれていたのですが、うちのワンコはなんともありませんでした。

 ワンコだけではなく、私もお散歩の前に軽く腕などにスプレーして行きます。未だに蚊に刺されたことはありません。毎日お散歩に行き、ワンコが草むらに顔を突っ込んでも蚊、ダニ、ノミに噛まれたことはありません。

 私の場合は、ひば水を2倍以上に薄めて、霧吹きボトルに詰め替え、散歩前に犬の体全体にスプレーしています。散歩後の足拭きは勿論のこと、顔やお尻拭き、あらゆるワンコグッズの除菌にも使っています。

 ひば水を使う前は、お風呂に入れて1週間も経たないうちにワンコの口周りが臭かったんですが、使い始めてからは2週間経っても全く臭くないんですよ、スゴイです!

 発売元の青森ひば水・ヒバ油 から天然青森ひば水1リットル入りを送料込み1080円で買いました。薄めて使いますのでたっぷり長期間使えます。

フロントラインを止めて、こちらを使って欲しいです。ワンコ達も喜ぶと思います。




返事

  Re:ひば水    投稿者: Paroowner

居酒屋おかみさん、こん〇〇は。

 ひば水の効用について調査してみました。その主成分はヒノキチオール(化学名:hinokitiol)と言いい、日本人が70年以上前に発見した天然の殺虫・殺菌剤です。その後、化学構造も明らかにされ、今では人工的に合成も出来るようになっています。
 しかし、天然のヒバの製材所のおかくずから水蒸気蒸留で抽出したひば水のほうが、いろんな有効成分が含まれているために殺虫・殺菌効果が優れています。 

 ひば油は安全性が高いので、食品保存剤の食品添加物としても認可されています。化粧品にも使われており、育毛剤にも入っているようですね。

 そのひば水を犬のノミ・ダニ・蚊の忌避剤としてネットで見つけた居酒屋おかみさんの功績は大きいですね。ほとんどの愛犬家は、そのことを知らないでしょうね。

 人畜無害な天然のノミ・ダニ・蚊の忌避剤としては、最も優れたものと言えそうですね。
多くの愛犬家がひば水を愛犬のノミ・ダニ・蚊の忌避剤として試してみると良いですね。
その試行結果をブログ「愛犬問題」にお知らせいただくとありがたいです。その結果を多くの愛犬家に紹介したいです。愛犬たちを天然の安全な殺虫・殺菌剤でノミ・ダニ・蚊から守れるなら、実にすばらしいことです。

 獣医の販売しているフロントラインなど有害なノミ・ダニ駆除剤を使わなくてもよくなります。

 さらに、ひば水は蚊も寄せ付けないので、愛犬にはフィラリア薬の投与も不要になりますね。
フィラリア予防薬はインチキ商品です。ほんとは駆虫剤です。つまり、フィラリアの幼虫を駆除する薬です。
フィラリア症にかかってないのに、その幼虫の駆除剤を犬に投与するのはおかしいです。獣医の詐欺商法ですよ。
犬の健康を守るためには投与しないほうが良いです。



 青森はヒバの特産地だ。そのヒバの木材で作った家には3年間は蚊が入らないと言われている。シロアリやゴキブリ、ダニも寄り付かない。

 宮崎大学農学部の実験によると、ヒバ木材中にシロアリを挿入した場合、シロアリが急速に死に、120時間で100%が死滅したとのこと。ヒバには殺蟻効果のある成分が含まれている。詳細な記述はヒバの木とヒノキチオールの効能にある。

 青森ヒバは神社仏閣の建築材として重宝されている。
平泉・中尊寺の金色堂は青森ヒバで作られている。900年近くも防虫・防菌効果が持続している。
逆に、そのヒバの製材所のおかくずは腐らないので、産業廃棄物として処理せざるを得ないようだ。余分な処理費がかかる。
 そのヒバのおかくずの有効利用として、水蒸気蒸留でひば水とひば油が製造販売されている。

 また、青森県工業試験場の試験結果に寄ると、ひば油には抗菌効果があり、カビや細菌を寄せ付けませんとのこと。詳細なデータが「ヒバ油の4大効果」にある。

 ひば水とひば油の主な有効成分はヒノキチオールだ。次の構造式を有する。
     
(略)

 世界で初めて確認された7員環(トロポロン)だ。つまり、ヒノキトールはトロポロンのフェノール類だ。好ましい匂いは7員環のフェノールだからだろう。
ひば水やひば油にはヒトキチオールのほかに、化学構造が似たβードラプリンなど少なくとも4種類の有効成分が含まれていることが確認されている。

 広く殺菌・消毒剤に使用されているフェノールは6員環(べンゼン)誘導体のフェノールだ。殺菌効果と安全性は良いが、臭いのが欠点だ。家庭用には向かない。

 その点、ひば水やひば油は効果も安全性も香りも優れている。家庭用に最適だ。
ひば水やひば油が犬猫など愛玩動物のノミ・ダニ・蚊の忌避剤として広く普及することを願っている。日本で採れる天然の忌避剤だ。

 我が家の愛犬のパロは体臭がないせいか、ノミやダニが全くつかないので、テストができないが、送料混み1、080円のひば油(50ml入り)1瓶を買った。

 庭仕事時の蚊よけに人用として使っている。100mlの水にひば油4~5滴を混ぜて、肌に噴霧している。木の香りがする。確かに蚊よけ効果がある。

 台所の生ゴミの小バエにも忌避効果がある。こぼれた砂糖に群がっていたアリはひば水のスプレーで半分ほどは死んだ。確かに殺蟻効果があることを確認できた。

補足

 ひば油で愛犬の涙やけが治り、耳ダニも駆除できたと投稿があった。更に、皮膚病の膿皮症も治るとの投稿があった。
詳細はひば油で愛犬の涙やけと耳ダニが治った! ヒノキチオールは天然芳香無害な殺菌剤だ!にある。

 ひば油・ひば水で皮膚病が治る!経過報告! 獣医が6年も治せなかった犬の膿皮症!

 なお、ひば水を購入するよりもひば油を買ったほうが経済的だ。詳細な計算はひば油は天然のノミ蚊ダニの忌避駆除剤だ! 芳香無害で人の食品や化粧品の殺菌剤にも!にある。

 初代パピヨン登山犬が健在だった頃、登山中のダニ防止にフマキラーを使って安全に効果を上げていたが、臭いが強いという欠点があった。
 ひば油のほうが良い。



 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

No title

この記事を読んでもしやと思い検索検索・・・

ごきぶりにも効果アリとのこと。
さっそくヒノキチオールスプレーを注文してみました。
殺虫剤に抵抗があったので。

今年の湿気はすごいです。
はじめて家の中にカビが・・・。


きっかけを有り難うございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

qwertさん、

ヒノキの特有の匂い(ヒノキチオール)は、生体防御の仕組みの1つだったんですね。
 

Re: 犬猫への安全性についての疑問です。

○○さん、

ヒノキチオールは、7員環の化合物であり、フェノール系ではありません。
 

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters