FLASH発売中止問題

 
知らなかったんですが…。

FLASH発売中止号、米女優らの流出ヌード写真を掲載
2014.9.10 08:08 産経ニュース

(写真はJcastニュースより )
写真誌「FLASH」が突然発売中止

 光文社が発売を急遽(きゅうきょ)中止した週刊誌「FLASH」9月23日号に、インターネット上に流出した米国の有名女優や歌手らの私的なヌード写真が掲載されていたことが9日、分かった。

 ヌード写真は、米アップルのデータ保管・共有サービスの「アイクラウド」の有名人のアカウントがハッキングされて盗まれた疑いが持たれており、被害者が18歳未満のときに撮影された可能性がある写真も含まれていた。

 光文社広報室は産経新聞の取材に「どの記事に不備があったのかについてコメントは差し控えたい」としている。




記事については、特に興味はありません。
知らなかったというか、興味を惹いたのは、『光文社』という社名の会社があったということ!!

ちょっと驚きでした。

講談社の子会社だそうです。
終戦後に本社の弾圧を怖れ、ひそかに別部隊として立ち上げられたのだそう。(ウィキペディアより)

でも何故、『光文』なんですかね?
とても意味深なんですが。

日本語には、『光文』という熟語はないですね。
とすると考えられるのはただ一つ。

『光文事件』ですね。
大正天皇の崩御の折、「大正」の次の元号をめぐって起こった誤報事件です。

以前に、限定記事で、私の見解というか推理を述べました。

当時の社長は、その責任を取って辞任したそうですが。
私には、その地位を捨ててまでも、伝えたかったことがあったように感じるんですね。

日本の悠久の歴史を知れば知るほど、不自然なことが浮かび上がってきます。
何か関わりがあるのでしょうか??

隠したいものは、衆人の目の前に置け。
こう言いますからね。

 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

これは

ヌードではなくて原発ディレクター自殺の記事の方が怪しい気がします…

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters