『支配しやすいよう、罪悪感を植え付ける』

 
「慰安婦問題は、ナチスのホロコーストと同じ」
昨日の報道ステーションで、こうコメントが流れたのだとか。

そうなんです。
同じなんです。

両者ともウソなんです。
まぁ、意味がまるで逆ですが。(笑)

慰安婦問題も南京大虐殺も、ホロコーストを真似ただけです。
全部捏造なんですね。


http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/311614/
“ホロコースト発言”まで流した「報ステ」朝日誤報検証の結論
2014年09月12日 11時00分


 これまで朝日新聞の慰安婦記事問題を一切報じてこなかった系列放送局のテレビ朝日。11日の看板ニュース番組「報道ステーション」で、同日に行われた朝日新聞社の木村社長らの会見や、慰安婦問題、東京電力福島第1原発事故の吉田調書について、約50分にわたって扱った。


 番組冒頭から13分間は朝日新聞の会見を報じたが、その後、40分間を慰安婦問題検証に費やした。韓国・済州島で女性を暴力的に無理やり連れ出したとする吉田清治氏の証言について、吉田氏の長男(64)を取材。吉田氏が済州島にいたことを証明する写真はなく「話も聞いたことがない」との長男のコメントを流すなど虚偽を結論付けた。


 ただ、吉田証言が「河野談話」に与えた影響や、日韓関係への影響に及ぶと、雲行きが怪しくなる。「影響がなかったとはいえない」としながら、河野談話に関わった当時の政府関係者の「直接根拠にしたものではない」とのコメントを伝え、あくまで元慰安婦への聞き取りや、当時の政府資料で作成したと報じた。


 国連人権委員会に提出された「クマラスワミ報告」で、慰安婦を“性奴隷”と表現した事実認定に吉田証言が引用されたことについても、元慰安婦から聞き取りをしており虚偽でも揺るがないとし、国際的に女性の人権意識が高まり「慰安婦問題は、ナチスのホロコーストと同じ」と言う識者のコメントまで流した。しかし、これにネット上は「ホロコーストとは違う」と大炎上した。


 結論としては、朝日新聞と同じく、慰安婦が自らの意思に反して軍に性的なものを強いられる、広い意味での“強制性”はあり、慰安婦問題は人権問題だとする結論に。なお、番組で池上彰氏のコラム問題への報道はなかった。


 古舘伊知郎キャスター(59)は「視聴者から『なぜこの問題(朝日新聞の吉田証言記事取り消し)を報道しないのか』という批判が毎日あった。その間、取材を続けていた」と説明。朝日の会見で、ようやく報道できたということか…。




何故こういう捏造が出てくるのかといえば、答えは明白です。
この言葉に尽きます。

『支配しやすいよう、罪悪感を植え付ける』

本当の虐殺は、広島・長崎の原爆とか東京大空襲とか。
中国の文化大革命とか、チベットやウィグルでの弾圧・虐殺とか、韓国での保導連盟事件とか、、、。
あちこちでありますね。

でもこちらは、一向に問題になりません。
罪悪感を覚えるのは、自分たち悪人の方だからです。

 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters