G20が極めて重要なことを決定、2015年早々、米国の銀行と日本の銀行が預金封鎖という物騒な予測

 
2015年早々、預金封鎖になるという予測があるそうです。
まぁ、実際にそうなるかどうかは知りませんが。


http://blog.kuruten.jp/itagakieiken/309453
G20が極めて重要なことを決定、2015年早々、米国の銀行と日本の銀行が預金封鎖という物騒な予測

◆〔特別情報①〕
 日本のマスメディアがあまり問題にしていないのだが、国際金融の専門家は、「オーストラリア・ケアンズで9月21日開催された20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議で、極めて重要なことが決まっていた」と指摘している。だが、麻生太郎副総理兼財務相をはじめとする金融当局はもとより、全国銀行協会の平野信行会長(三菱東京UFJ銀行頭取)は、のんきに構えているようなので「このまま何の対処もしないで、手を拱いて時間を空費しているとどうなるか。2015年早々、米国の銀行が破綻して、預金封鎖になり、日本の銀行も同様に預金封鎖になるかもしれない」と物騒な予測を示し、警告している。一体、「極めて重要なこと」とは、何が決まっているのか?



 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

およよ様はじめまして
楽しく拝読しております。

特に竜巻原子モデルは興味深いですね。

このトピックに関して恐らく想像の範疇ですが、

オーストラリアなどに日本の自衛隊の軍事技術などの移転などが行われていることや道州制(大阪都構想)、TPPなどを見ると

環太平洋連合でのユーロのような新通貨を発行するつもりなのではないでしょうか?

地勢学的に見てもオーストラリア、アメリカ、日本は海洋国家であり大陸国家である中国の太平洋覇権を防ぎたいはずです。

あと竜巻モデルなのですが、
最近、量子コンピューターというものが次世代コンピューターとして研究されています。

その仕組みを見るとおよよ様の概要に似ている印象を受けました。

Re: タイトルなし

モモさん、

> 環太平洋連合でのユーロのような新通貨を発行するつもりなのではないでしょうか?

⇒ 中国に対する包囲網は作りたいでしょうが、共通通貨は日本にメリットは、ほとんどないかと思います。
 他国の赤字を日本が背負う羽目になります。
 

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters