イーグルビュー無料メルマガ(20141012)より

 
イーグルビュー無料メルマガ(20141012)です。
いよいよ金融危機再燃の可能性が高そうだとのことです。

イーグルビュー無料メルマガ いよいよ金融危機再燃か?20141012


■松島修■

この記事は、新イーグルフライ http://www.eagle-fly.com/mm/ を抜粋・編集したものです。

(イーグルビューでも前号に書いたとおり、)
株価が急落し、ドル/円・豪ドル/円も急落し、危なげな相場になっています。

今年、2014年6月から激動の加速の時という認識で、
・戦争
・想定外の災害
・金融危機再燃
・経済危機
の可能性が高くなっていく時であり、
相場は今年の春が最初の危険度が高い時と判断していました。

春は官製相場で乗り切ったものの、いよいよ金融信用収縮再燃が開始した
可能性が高そうです。


勿論、相場に絶対はなく、全て可能性です。

現時点では金融危機再燃という認識は巷にはありませんが、
今まで書いてきたとおり、
ウクライナ・中東でも戦争や、エボラなど
まだ、あまり顕在化していない悪材料がいくつかあり
今後、次々と顕在化していく可能性があります。

先日、(新イーグルフライで)お勧めした日経225のオプションのプットの買いは、
すでに、だいぶ利益になってきていると思います。

100倍狙いができるかもしれません。

また、先日の(新イーグルフライの)メルマガで、
戦争・想定外の災害・金融危機、どれも危なげなので、
ポジションを持つとすれば、リスク拡大で利益になる方向が良いです
と書いた通り、ドル/円売り、株売りポジションも美味しい状況です。

今後も、(底値で売るのではなく、)戻り高値を売り仕掛けすると良いので
毎号の抵抗ラインを参考にしてください。

荒っぽい相場になると思いますし、ストレートにシナリオ通りにいかない
こともあるので、ストップロスは必須です。

つまり、下落という方向性は合っていても、
レバレッジが高く
ストップロスを入れてないと
一旦上げてから下げたりすることで資金を失うこともあるという意味です。

豪ドル/円は円売りの片寄りがリーマンショック前より少ないので、
リーマンショックの時ほどの深押しはないと思います。

基本的に、為替はレンジ相場であり、
ドル/円も、株などよりは下げないのが普通なので、
低い価格での売り仕掛けはしないでください。

特に、ストップロスを入れない売り仕掛けは危ないです。

そういう意味では売るのは株のCFDが一番分かりやすいと思います。


現在の激動の時代のテーマである、戦争・想定外の災害・金融危機再燃・経済危機
について、それぞれ簡単にまとめます。

○戦争
今年一番のテーマが戦争ですが、これからさらに激化方向と判断しています。

世界大戦に突入していく可能性があります。

特に、ウクライナと中東は一番の火薬庫です。(戦争が激化する材料を持つ)

中国は、内部の問題を外にそらすため戦争する可能性があります。

日本にとって、厄介な話にならないことを願います。

○想定外の災害
エボラは、現時点では一番大きな懸念です。

今後、世界に拡散する可能性があり、
家に籠城する必要がでてくるかもしれません。

(イーグルフライの)掲示板に書いてある準備する項目を、再度読んで、準備しておいてください。

これは、イーグルビューで東日本大震災の40日前に発行したこちらの内容とほぼ同じです
http://www.pro-fx.info/2011/01/post-176.html


「準備はしっかり、後はお気楽」が一番助かるパターンです。

御嶽山の噴火から始まり、各火山の活発化
大型台風
地震
などは、常に注意が必要です。

特に地震については、いつ大きな地震がきてもおかしくないと思っています。

○金融危機再燃
株価(ニューヨークダウや日経225)が一番反応するので、株価に注目です。

○経済危機
中国景気悪化による世界への悪影響の可能性が高いです。

韓国の国家破綻は想定内ですが、これがトリガーになり、
各国にその影響が波及する可能性があります。

良くも悪くも、新興国の方が、先進国より影響を受けやすいため
新興国の株は特に持たないことが大切です。


このメルマガを読んでいる方は、危機意識が高いと思いますが
金融危機では毎回、多くの人が大きな資金を無くします。

まさしく、激動の時代は

「知恵がない人から、知恵を使って準備していた人に富が移動する時」

なので、知恵を使って、準備しておきましょう。

そのような人には、ある意味チャンスの時です。

  *      *

リーマンショック
311東日本震災
今後も続く激動は

「的外れな方向から的を射た方向に方向転換を促すためにある」

といってよいでしょう。



 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters