中国共産党本部による日本政府交渉マニュアル

 
ネットでの拾い物です。
実在するかどうか真偽は不明ですが、内容はほぼそのとおりですね。

政治家や官僚、経済界の面々は、彼らの思うつぼにはまってしまいました。
概ね、金か利権か、女で落とされるようです。

◇ 中国共産党本部による日本政府交渉マニュアル ◇

1 まず、怒鳴りつけろ。

2 無理難題を吹っかけろ。


3 徹底的に我侭を通し、鼻面を引き釣りまわすこと。

4 日本人が怒ったり理詰めで反論してきたら、「南京」「731」・・・旧日本
  帝国の「悪行」をわめき立ててテーブルをひっくり返せ。

5 同時に、媚中派の日本国外交官を使って、
  「中国人は面子を重んじる。ここで相手の顔たてなければいけない。」
  と妥協工作させること。

6 「妥協案」を持ってきたら取り合えず「食え」。

7 日本人に「交渉成立」と思わせて油断させろ。
  ただし、将来的な言質は一切与えるな。

8 『手打ち』の「儀式」には中華料理で歓待せよ。30年来の友人のような
  笑顔で。その際、日本人にあてがう女性を用意すること。

9 『手打ち』式の翌日は、日本人に落ち度がなくても、以前にも増して
  怒鳴りつけ、最大限不機嫌を装うこと。「何故、ご機嫌を損ねたのか」
  その理由を、常に日本人に考えさせること。これは聡明で誠実な人物に
  特に有効な方法である。

10 日本人が「友情」を求めてきた場合、友情の証(あかし)として、祖国、
  所属する組織、家庭、等帰属団体に対し何らかの「裏切り」を要求せよ。
  いきなり、大きな獲物を求めてはいけない。些細な「裏切り」から始めて、
  徐々に倫理観を麻痺させること。当方の「友情の証(あかし)」の代償は、
  利権、金銭、女、等「即物的・世俗的」なものを過分に与えるべきである。

  「名誉」を与えてはいけない。

11 「内輪の交渉」を推奨する。「内輪の交渉」とは当事者同士で行う交渉
  であり、党本部への事前報告、および、何時でも食言して、「使い捨て」
  にできる日本人であればどのような「口約束」をしても構わない。
  「内輪の交渉」では、日本人の上司に「嘘の報告」をさせることが成功の
   第一歩である。



 
 
1番や2番などは、ワンマン経営者にも、しばしば見受けられますね。
ブラックと呼ばれる会社です。

 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

日本の外交官には

「貴国と我が国、相闘いながら共に国勢を高めていこうではありませんか」
と言い放った後藤象二郎ぐらいの器量を見習ってほしいものです。

Re: 日本の外交官には

hiroさん

武士道とか、性善説とか、道徳とか。
悲しいかな、こういった概念は、日本でしか成り立たないんですね。

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters