中国が引き継ぐ韓国駐留国連軍

 
いま韓国に駐留する米軍。
これは、あくまでも国連軍であって、米軍ではありません。

2015年に撤退後は、中国軍が引き継ぐ密約ができているのだそう。


http://blog.goo.ne.jp/yamanooyaji0220/e/3b7533e37cfbe088c6f7942b4acad15d
北朝鮮の変遷と半島有事の機運


■朝鮮戦争で停戦協定を結んだのは「国連軍・北・中国・ロシア」で、韓国は入っていない。

韓国と米国の関係は「同盟国」×
韓国と米国の関係は駐留「国連軍」◎ の関係。

韓国と米国の軍事協定も物資の軍事協定程度で、2~3歩引いた協定である。

同盟国関係では無い。米国は同盟国になる気も無い。

韓国政府樹立後の1949年に米軍は完全に追い出された。
実は一切韓国に駐留しない同盟もしないという条約も結んでいる。
現在駐留しているのは「国連軍」としてである。
中国が大好きのオバマが、駐留「国連軍」を中国に引き継ぐ密約をしている。
2015年に米軍の撤退で、オバマは選挙公約と議会で約束もした。


「国連軍・北・中国・ロシア」は停戦協定している。
韓国とは停戦協定を結んでないので攻撃しても本来かまわない。
韓国は現在も北・中国・ロシアと戦闘状態である。

韓国政府も韓国軍も、報道ではしきりに韓米同盟という言葉を使うが、日本に対する歴史の詭弁と同じく自国の都合の良い解釈で嘘を堂々と語る。

2015年末までに米軍は韓国から撤退し国連の事務方だけが半島に残る。国連軍は横田基地に現在ある国連軍本部と一緒になる。

半島有事の際、日本の基地から直ぐに米軍がやって来ると韓国軍高官が語っているが、日米安保条約で日本領土の安全の為に駐留し他国への攻撃のためには日本の同意が必要であると規定されている。条約というのは口先だけの同意ではない。しかも自衛隊は半島の戦闘には加わらない付帯条項まである。頼まれても派遣できない。

朝鮮半島有事には仮に日本が同意しても、集団的自衛権を日本が行使し補給や援助を必要とする。韓国は日本の集団的自衛権に真っ向から反対を唱えている。
更に米国軍が戦闘のために半島に向かうには米国議会の決議が必要であり、大統領は口先だけのオバマである。

韓国はなぜ何度も何度も何度も何度も同じ過ちを繰り返すのだろう?
北に北朝鮮、南は海でドン詰まり、人口は日本の半分しかなく漢字圏なのに漢字が読めず、さりとて英語が出来るわけでも無し。
国家は既に破産状態なのに威勢を張って国際舞台にもうろちょろ顔を出す。
これほど空気が読めず、世界中でうざがられている国も珍しい。
アメリカはこの数年韓国との関係を見直す流れになっているから絶対に変わらないだろうし、私が知る限り反韓感情の高揚も近年凄まじいものがあり、それと逆行して韓国人のアメリカ移住や留学は激増している。
ところが韓国人は英語も話せないのに高い給料を欲しがり、上に置けば下をいじめ抜くわ下に置けばコソ泥を飼ってるのと同じになって危なくてしかたがないので誰も雇いたがらない、これ本当の話。



 
 
中国軍が引き継ぐ密約。
こういうものがあるなら、いまの韓国の動きも理解できますね。

裏切り者に対する、きびしいお仕置きが待っています。
長年中国の属国だったくせに、戦前は日本へ、戦後は米国へと寝返っていたのです。

異常な反日活動は、今のうちに、少しでも忠誠を示しておこうかという気持ちの現れでしょうかね?

 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

No title

>異常な反日活動は、今のうちに、少しでも忠誠を示しておこうかという気持ちの現れでしょうかね?

日本に対するただの妬みでしょw

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters