間もなく想定外のことが起こる!?

 
間もなく(今月中旬に)想定外のことが起こるのだそう。

文面によると、中東での有事と、米朝国交回復のようですね。
現在のパワーバランスが大きく変わるのだそう。


http://blog.goo.ne.jp/shiome/e/d2bd9674409afdb0eaa1d9f417cbf1e4
迫る「オバマ電撃訪朝」という衝撃 狙われているのは日本だ!(連載「パックス・ジャポニカへの道」)
2014-11-09 08:48:27 | 原田武夫「真実を語る」(外交・政治)


8日、衝撃的な知らせが我が国と世界全体を駆け抜けた。北朝鮮で拘束されていた米国人2名が釈放され、帰国の途についたことを米政府が発表したのである。

このことについて「人道的見地から好ましいことである」等と寝ぼけたコメントをしている暇は私たち日本人には全くない。なぜならばつい先日これまた突然行われた1名の米国人の釈放に続き、今回の釈放劇は明らかに米朝が”大団円”へと向かっている大きなサインだからである。

とりわけ重要なのが今回の釈放に際して、オバマ米政権の重要閣僚の一人であるクラッパー国家情報長官が訪朝していたことが明らかにされた点である。国家情報長官とは米政府のインテリジェンス部門を束ねる立場にある人物である。そうした重要人物がわざわざ訪朝した以上、「手ぶら」であるはずもなく、言ってみれば今回の釈放劇は単にその実際の目的を隠ぺいするためのものであると考えるべきなのである。

それではここでいう「本当の目的」とは何か。―――端的に言うならば「オバマ電撃訪朝」である。前回のこのコラムでも書いたとおり、オバマ米政権はいよいよこれに踏み切るということなのであろう。中東について本格的に「最終闘争」へと踏み切ることによりオバマ政権は一気に「大量殺戮者」の汚名を浴びせられることになるが、これに対してアジア太平洋地域では「平和の使徒」となることにより、全体として国際社会におけるイメージを中和するというわけなのである。巧みであり、同時に非常に分かりやすい戦略だ。当然、これまで共通の仮想敵国・脅威であったはずの北朝鮮と、米国がいきなり手を結ぶことにより、我が国はもとより、韓国、中国、台湾、そしてロシアといった東アジアのプレイヤー全体のパワー・バランスが一気に変わることになる。何よりも「日米同盟とは一体何だったのか」という議論が彷彿することは間違いない。

この瞬間だからこそ、私たち日本人は「狙われているのは我が国であり、私たち日本人なのだ」ということに早く気づかなければならない。そうした中、我が国のリーダーたるべき安倍晋三総理大臣はといえば、再増税決定がままならない場合には今国会中に解散総選挙に踏み切るとのリーク報道が出る始末である。「アベノミクス」という枠組みそのものが米欧の統治エリートたちによって信任を得ていなかった以上、ここでまた同政権も人柱とならざるをえないという今後の事態の伸展がいよいよ見えてきた。ましてや北朝鮮が我が国との「拉致問題交渉」には応じない一方で、米国と大団円を演ずるなどということになったらば目もあてられないのである。

何度でも言おう。

狙われているのは北朝鮮ではない。我が国・日本であり、私たち・日本人である。

そのことを私たちはいよいよ想い知ることになる。今月(2014年11月)中旬からの激変の時期を迎える前にもう一度、強く「暁鐘」を打ち鳴らしておきたい。

原田武夫記す

(2014年11月9日 東京・羽田空港にて)



日中国交回復の直前に、ニクソンが訪米しました。
それに似た流れになる気がします。

その際は、台湾が切り捨てられました。
いまの韓国の立場ですね。

でも、狙われているのは、日本なんだとか。
きっとまた、金出せ!! でしょうな。

北朝鮮と米国がぐるになって、そう喚くのでしょう。

   
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

北朝鮮は、もともと米国とお友達

GNPが日本の1県ほどの北朝鮮が、核開発ができるのは、バックに米国、イスラエルがいるからです。それがなければ、北朝鮮は、すでに崩壊して、韓国と併合しているはず。東アジアに緊張を与えために北朝鮮が存在するのでしょう。そうすれば、韓国、日本へ武器を大量に売ることができます。米国のネオコン・軍産複合体の考えそうなことです。日本の米軍基地は、日本を守るためにあるのではなく、日本を押さえ込むためだと知るべきでしょう。日本を敵と想定したシュミレーションも訓練もしています。

やくざな国とは、距離を置いて、中国、ロシアとの関係を強化することが、日本にとっての国益となる思います。

Re: 北朝鮮は、もともと米国とお友達

ミルキーさん、

> GNPが日本の1県ほどの北朝鮮が、核開発ができるのは、バックに米国、イスラエルがいるからです。
⇒ イギリスもいます。

> やくざな国とは、距離を置いて、中国、ロシアとの関係を強化することが、日本にとっての国益となる思います。

⇒ 中国、ロシアもやくざです。(笑)
日本は自立を計るべきです。

 

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters