橋下市長・松井知事、衆院選出馬を検討 公明の対立候補

 
あらら、市長も知事も投げ出すのね。
さて、どうなることやら。


橋下市長・松井知事、衆院選出馬を検討 公明の対立候補
2014年11月15日05時12分 朝日新聞


 維新の党の橋下徹代表(45)=大阪市長=と松井一郎幹事長(50)=大阪府知事=が、年内の衆院解散・総選挙に向けて立候補する検討を本格的に始めた。党関係者によると、両氏は13日に会談。立候補を検討する意向を確認したとみられる。看板政策の「大阪都構想」への悪影響の懸念も党内には根強く、最終的に踏み切れるかは流動的だ。

 両氏は公明党現職への対立候補となる考え。橋下氏は、佐藤茂樹・党大阪府本部代表(55)がいる大阪3区に自ら立ち、松井氏が北側一雄党副代表(61)の大阪16区に回ることを検討している。

 2012年の衆院選では、維新の前身の日本維新の会は協力関係にあった公明党の候補がいる選挙区への擁立を見送った。だが、橋下氏は都構想の進め方や自身の出直し市長選をめぐり公明党と激しく対立。橋下氏らがまとめた都構想案は先月27日の大阪府・市両議会で、公明党や自民党などの反対で否決された。




だいぶ流れが読めてきました。

ここ二日の間に、同じ趣旨の記事が増えてきました。
http://oyoyo7.blog100.fc2.com/blog-entry-2796.html

解散総選挙はあるという方向で進むんですね。
選挙があろうがなかろうが、この流れは核心に迫っている気がします。

 
 
テロ個人・団体の指定。
これ、過去の行ないで決めるのね。

いわば遡及法ですが。
これほど便利なやり方はないかと。(笑)
ネタには欠きません。

しかも指定は、行政(国家公安委員長)の権限でできるのね。
つまり、裁判所は関与できない。
(解除の際のみ関与できる)

法的な仕組みは、道路の速度制限の設定みたいなものですかね。
指定されたが最後、まぁ、変更(解除)はほぼ無理。

これで、怪しい面々は、一網打尽にできますね。

供託金が払えなくて立候補ができなかったり、立候補はしてもテロリスト認定されて選挙どころではなくなったり、あるいは当選後に過去の悪事が判明して当選が無効になったり、、、
野党はもちろんですが、与党内でも対象者が出てくるでしょう。

いろんな事例が出てきそうですね。
落選すると、不逮捕特権も使えないし、、、。

おまけに、選挙期間中にどこかでテロが起これば、世論は反テロ一色になりますね。
まぁ、多少の犠牲者は出るかも知れませんが。

  
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと。 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters