大阪に武装工作員が上陸!…と想定 府警と陸自が共同訓練

 
余命に載っていた出典不明だという記事。
http://kt-yh6494.blog.so-net.ne.jp/2014-11-25
産経WESTに、確かに出ていました。

やはり近い将来、大阪近郊で大規模なテロが起こるかも知れない。
これを想定した訓練ですね。


2014.11.22 15:20更新  産経WEST
大阪に武装工作員が上陸!…と想定 府警と陸自が共同訓練

 大阪府警と陸上自衛隊は21日、兵庫県伊丹市の伊丹駐屯地で共同の実動訓練をした。銃器などで武装した工作員が上陸し、自衛隊に治安出動が発令されたとの想定で、一部を除き非公開とする。

 府警は機動隊などから約50人、陸自は第36普通科連隊の約60人が参加し、警察車両が先導して陸自部隊を輸送する様子や、協力して連絡調整所を設置する作業を公開。訓練は夕方まで続き、検問や工作員の鎮圧手順を確認する。

 府警と、大阪府などを担当する陸自第3師団は平成14年、「治安出動の際における治安の維持に関する現地協定」を締結しており、19年と24年にも共同で実動訓練をしている。



ただし、武装工作員が大阪に上陸。

まぁ、普通に考えれば、この可能性は低いですね。
日本海沿岸なら、分かりますが。

ということは、既に潜入しているテロリストが対象ですね。
オブラートで包んでいますが、つまり対象は、暴力団や過激な反日団体。

2正面作戦を避けるのなら、テロ資産凍結法で対象者を指定した後から、(不法滞在する在日の強制送還が始まる)来年7月までに起こるということなりますが、、、

  
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters