在日韓国・朝鮮人の事件年表

 
終戦後に朝鮮人が、日本各地で暴れました。
ここに載っているのは大きな事件だけでしょうが、それにしても、ものすごい数ですね。
いずれも徒党を組んで、凶暴凶悪だったのが、その特徴です。

破壊活動防止法は、彼ら朝鮮人や彼らに共謀する共産党員の破壊活動防止を念頭において作られました。

在日韓国・朝鮮人の事件年表 (ウィキペディアより)

この記事は在日韓国・朝鮮人の事件年表である。

1945-1955年

1945年(昭和20年)
・8月30日 名古屋少年匕首殺害事件、路上で少年3人が脅迫されて金銭を奪われ、匕首で切り付けられて1人死亡、1人負傷、犯人は拘置所から脱獄、韓国に逃亡
・10月22日 大阿仁村事件、秋田県の栗林に侵入し村人と乱闘
・12月 24日 生田警察署襲撃事件(第1回)拳銃強盗事件にからんで50名を超える朝鮮人の暴徒が襲撃、連合国軍が暴動を鎮圧
・29日 直江津駅リンチ殺人事件、朝鮮人3人組が列車の窓ガラスを叩き割り無理やり乗車しようとし、それを阻んだ乗客にパイプやスコップ等で集団暴行し殺害、朝鮮人3人組は逮捕されたが程なく逃走

1946年(昭和21年)
1月
・3日 - 富坂警察署襲撃事件、トラック2台に乗った朝鮮人約80人が署内に乱入、警官に暴行し、連続拳銃強盗事件の容疑者を連れ出し逃走
・9日 - 生田警察署襲撃事件(第2回)30-40人の朝鮮人が、検挙された賭博団の奪還を目的に署内に侵入、進駐軍の協力を得て鎮圧
・24日 - 七条警察署襲撃事件、ヤミ米捜査を巡って警察に押しかけ、さらに京都駅前で朝鮮人約700人が的屋・博徒と大乱闘

5月
・4日 - 日光中宮祠事件、旅館の帳場に盗みに入ったところを旅館経営者の家族に発見され、包丁で一家6人を刺殺、現金と小切手などを奪い放火
・13日 - 長崎警察署襲撃事件、闇市を取り締まった警察に対し朝鮮人や中国人など約200人が包囲・襲撃、警官1人死亡、10人重軽傷

・6月9日 - 七条警察署巡査殺害事件、京都で職務質問をしようとした巡査を射殺、朝鮮人5人逮捕
・7月23日 - 東条村強盗事件、長野県で4人組強盗団が捜査中の警官を拳銃で射殺
8月
・中京私設警察事件、在日本朝鮮人連盟中京支部の「座敷牢」に男性を監禁、拷問した
・5日 - 富山駅前派出所襲撃事件、闇米の取り締まりで朝鮮人と警察が大乱闘
・29日 - 一勝地村農家6人殺害事件、熊本県で発生した強盗殺人放火事件

9月
・22日 - 坂町事件、ヤミ米の取締を行っていた警官に集団暴行
・29日 - 新潟日報社襲撃事件、坂町事件を報じたことに対し新聞社を襲撃

12月20日 首相官邸デモ事件、デモ隊が首相官邸に侵入、アメリカ軍憲兵隊が出動して解散させた

1947年(昭和22年)
・3月15日 - 百田駐在所巡査殉職事件、山梨県で刑事を名乗る男が拳銃で巡査を射殺
・6月23日 - 神奈川税務署員殉職事件、密造酒を取り締っていた税務署員を集団暴行殺人
・9月10日 - 津別事件、北海道で朝鮮人が祭の露店を荒らし、的屋と対立、乱闘
・10月20日 - 尾花沢派出所襲撃事件、山形県でヤミ米摘発に反発し派出所襲撃
・11月4日 - 池袋診療所強盗殺人事件

1948年(昭和23年)
・春 - 会津破蔵事件、朝鮮人窃盗団による連続窃盗事件
・4月
・浜松事件 (抗争事件)、闇市をめぐって朝鮮人、的屋、浜松市警が抗争、銃撃戦となりMPが出動
・23-26日 - 阪神教育事件(朝鮮人学校事件)、朝鮮学校閉鎖令に反対して大阪府庁や兵庫県庁を暴力で占拠、アメリカ軍も出動、非常事態宣言
・6月23日 - 五所川原抗争事件、小学校の運動会での喧嘩がもとになって、香具師と朝鮮人が乱闘
・10月12日 - 評定河原事件、仙台で北朝鮮国旗を持った一団がデモ行進し、米軍憲兵隊が6人検挙
・12月9日 - 宇部事件、逮捕された朝鮮人を奪還しようとして警察と衝突
末頃より - ワ号事件 (連続窃盗事件)、朝鮮人窃盗団約60人による連続窃盗事件

1949年(昭和24年)
・1月25日 - 益田事件、密輸の摘発を巡って約200名が警察署に押しかけ、警察官と乱闘、48名検挙
4月
・6-13日 - 枝川事件、窃盗犯を逮捕しようとした警察と衝突
・7-11日 - 高田ドブロク事件、新潟県で密造酒の取締りで朝鮮人が警察と対立、12人検挙

6月
・2日 - 本郷事件、福井県で朝鮮人地区の地図作成に抗議し朝鮮人70人が派出所を占拠し警官に暴行
・30日 - 平事件、福島県平市の警察署に乱入し占拠、警官に暴行、231人を騒擾罪で検挙

・7月 塩釜事件、朝連と民団の構想を巡って警察とも紛争
・8月19-20日 - 下関事件 (騒乱)、朝連と民団が乱闘、構成員の自宅を襲撃、略奪
9月
・13日 - 関東朝鮮人強盗団事件、強盗殺人1件、強盗45件、窃盗861件、260人検挙
・20日 - 武生事件、福井県で裁判所と検察庁の支部が放火され全焼

1950年(昭和25年)
・3月20日 - 台東会館事件、在日本朝鮮人連盟が「暴力主義的団体」として解散を命じられ、台東支部があった台東会館を接収しようとしたが、妨害を受け朝鮮人119人検挙
・8月15日 - 連島町事件、岡山県で約700名の朝鮮人が集会を強行し警察と乱闘、警官15名負傷、8名検挙
・11月20-27日 - 長田区役所襲撃事件、朝鮮人が税免除などを要求して区役所を襲撃、20日30人逮捕、24日26人逮捕、27日179人逮捕
12月1日 - 大津地方検察庁襲撃事件、勾留中の同志の釈放を要求し検察庁に突入、暴徒化、43人逮捕

1951年(昭和26年)
・1月23日 - 四日市事件、朝連四日市支部接収の妨害、暴動、15名検挙
3月
・7日 - 王子朝鮮人学校事件、警察の捜査を「不当弾圧」だとして衝突、警官28人が重軽傷
・21日 - 浅草米兵暴行事件、アメリカ軍兵士1人死亡、1人重傷、2人軽傷

・6月13日 - 神奈川朝鮮人学校事件、朝鮮人学校の運動会をきっかけに横浜駅前で500人が暴動、28人検挙
10月
・18日 - 日野事件、滋賀県で違法デモ隊が警官隊に襲い掛かり拳銃を奪う、20人検挙
・22日 - 下里村役場集団恐喝事件、兵庫県で朝鮮人約200名が村役場に押しかけ暴行脅迫恐喝、15名検挙

・11月21日 - 福岡事件
12月
・1日 - 東成警察署襲撃事件、泥酔し保護された男性が死亡した事を、警官のリンチ殺人だとデマを流し、署内に突入しようとして3人逮捕
・3日 - 半田・一宮事件
・16日 - 親子爆弾事件、大阪で事故死した朝鮮人の慰霊祭をきっかけに、クラスター爆弾の工場を襲撃、集団暴行


1952年(昭和27年)
・2月 21日-23日 - 木造地区警察署襲撃事件、青森県で傷害容疑で朝鮮人2名を逮捕した事に対し即時釈放を要求し警察署襲撃
・28日 - 姫路事件

3月 多奈川町事件、大阪で密造酒の取締りで朝鮮人が警察と対立、27名逮捕
・1日 - 八坂神社事件
・13日 - 宇治事件

5月
・1日 - 血のメーデー事件、皇居外苑で警察部隊と衝突
・8日 - 上郡事件
・13日 - 広島地裁被疑者奪回事件、閉廷直前に傍聴席の朝鮮人約200人が被疑者と傍聴者を分ける柵を乗り越え、放火の被疑者朝鮮人4人を奪還
・25-26日 - 高田事件 (法学)、名古屋各所で同時多発事件、派出所や米軍宿舎などに火炎瓶を投げ込む
・25日-30日 - 桜井町事件、奈良県で暴行傷害で逮捕された朝鮮人の即時釈放を要求して警察と衝突
・30日 - 大梶南事件、仙台で民団系と民戦系が抗争
・31日 - 奈良警察官宅襲撃事件、巡査の自宅に約10名の朝鮮人が覆面姿で押しかけ、父親を暴行し意識不明の重体にして窓ガラスや障子を破壊して逃走

6月
・5日 - 万来町事件、山口県で、派出所を襲撃、工場に乱入
・10日 - 島津三条工場事件、京都で祖国防衛隊 (在日朝鮮人団体)約50人が工場に押しかけアジ演説、警察が逮捕して護送中にパトカーに火炎瓶を投げ込む
・13日 - 醒井事件、滋賀県で民団系と民戦系の対立を巡って、被疑者の逮捕を妨害して大乱闘
・24 - 葺合・長田事件
・24-25日 - 吹田事件、デモ隊が火炎瓶や石を投げて暴徒化、111人が騒擾罪で起訴
・24-25日 - 枚方事件、工場を時限爆弾で爆破、人違いで火炎瓶で一般家屋に放火、98人検挙

・7月 7日 - 大須事件、共産党と朝鮮人の祖国防衛隊が火炎瓶攻撃、騒乱罪
相馬ヶ原駐屯地事件、祖国防衛隊 (在日朝鮮人団体)の軍事工作班が警察予備隊駐屯地の爆破を計画

11月
・11日 - 大村収容所事件、入国管理庁の入国者収容所で、韓国から送り返されてきた逆送還者の即時釈放を要求し暴動
・19日 - 五所川原税務署襲撃事件、密造酒摘発に反発して税務署襲撃
・21日 - 川辺村強盗殺人事件、長野県で薬用人参を盗もうとしていたところに通りがかった被害者を強盗殺人

1953年(昭和28年)
・2月19日 - 別府市警察署事件、逮捕された男性の死亡をリンチ殺人だと決め付け警官隊と衝突

1955年(昭和30年)
・12月19日 - 上十条二丁目交番爆破事件、工事現場から盗んだダイナマイトを交番に投げ込み警官2人が重傷



 
 
外国人登録証の切り替え。
7月8日が期限です。

帰国を拒否し、日本に残留しようとする者。
この不法滞在者が、10万人レベルで発生する可能性があります。

彼らがまた暴れる可能性が考えられる一方で、取り締まりの方が、到底追いつくとは思えません。
危ないところには近づかないことです。

 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

あるべき姿により近く

凄まじい件数ですね。ネットが普及するまでは通名報道により、私達はそうとは知らず。刑務所の囚人も過半数がコリア系とか。当然、税金が使われています。

日米韓の法律が、まるで歩調を合わせたかのように、在日Korean追い込みへと進んでいますね。戦後70年の大清算、歴史の節目。
でも、マスコミが報道しないせいか、在日の人のブログを読んでも、法改正を知らないようですね。
余命さんところによれば、民主君もマスコミもアブナイようですが。表面にはでないかもですが、夏以降はかなり湧きそうですね。日本側は脇を絞めて臨んで欲しいものです。

Re: あるべき姿により近く

雨も好きさん

ここのところ毎年、数百億円もの生活保護費が在日に使われています。
歴史的には、1954年の「人道的見地」という厚生省の判断に基づいています。
自衛隊の設立や破防法成立等の社会的変化もあり、それ以来大規模な暴動はほとんど起こってはいません。
彼らに対するこの生活保護費は、もう60年も続いているわけですが、実質的には治安維持費に相当します。
でも刑務所に入れても、同じくらいあるいはそれ以上に、経費は掛かるんですね。
だからといって腹立ちは消えませんが、100人規模の犠牲者が出る被害は、防ぐことができてきました。

これから在日との対決が始まります。
在日の資産が目的なので、当初は韓国も協力するでしょう。
しかし、日本は彼らの資産をそっくりそのまますべて渡すことはしないでしょう。
本人確認が取れなければ国庫に没収という流れですね。
また、そもそも韓国はこれまでに散々約束を破り、日本からお金をふんだくっています。
こういうのは、天引きするでしょうね。
生活保護にかかった費用等も同じく天引き。

在日やくざの口座も凍結して動かせません。
ということは、韓国ははした金しかもらえないことになる。

日本としては在日を送還できればいいんです。
彼らの資産は、そのためのエサ。
でも、一度釣った魚にはもう、エサはやらないものなんです、ふつうは。(笑)
伏せられていますが、これが日本政府の本音かと。

そうなると韓国は激怒するでしょう。
国交断絶を通り越し、対馬辺りを侵略するかもしれません。
対馬の住民には気の毒ですが、そうなると、日本国内の反日組織は一網打尽にされるでしょう。
日本の国全体としては、恰好の機会の到来となります。

まぁ、このあたりまで目論んでいるというか、選択肢のひとつに入っているかと思いますが。

 

稀有な国日本を繋ぐ気概

イミョンバクの自伝によると、どじょう総理とは、慰安婦問題でも、謝罪、賠償で合意寸前だったとか。ミョンバクに「80%、日本を乗っ取りは済んだ」と言わしめた民主党政権時代、毎日、不安で日本丸がゴボゴボと沈んでいく聞こえているようでした。
今回の在日対策も、もしかしたら安倍さん一人の改革ではないかもしれない(例えば、米の意向が働いているとか?)。日本経済もまだ十分な成果は現れていないにしろ、正社員の増加とか、大企業の収益増加、工場の国内回帰 etc.少なくとも、日本は世界屈指の実力国、と再び誇りを感じられるようになりました。
隔世の感があります。その間、僅か5年程…。慢心、油断は禁物なれど、日本ファンは世界中に多く、それだけの理由があります。その根幹のひとつに日本人の気質、国民性があるといえるでしょう。
良悪併せ持つお人好しで、一度は民主党に騙されましたが、次にはボコボコにしました。(追撃戦でもっとボコりましょう)
一人一人は微力ですか、気構えを持つと持たないでは、天と地の差。

私は、シビアな目で安倍さんを見続けますが、彼は歴史に残る宰相になると思っています。
(ついで‥‥歴史に名を残したいと言っていた空カンなんちゃらも、最低最悪としての名を残し、オメデトウ~)

No title

対馬侵攻は、現実的に有ると思います。どうしようも無くなった時、竹島侵攻の成功体験を踏襲するでしょう。単細胞な行動パターンから先が読めます。その時には国内のエセ人権派を黙らせ、一気に殲滅する必要があると思います。彼等に掛ける情けが、そのままリスクとして跳ね返ってくるので、躊躇なく実行しなければなりません。

釈迦に説法かもしれませんが、日本が行おうとしている事は外交的な挑発(日本による在日の資産天引き)で最初の一発(韓国による国交断絶or対馬などへの侵略行為)を引き出して、後はそのまま殲滅(反日組織の一網打尽)する。これはアメリカが得意としているマッチポンプ方式と敵ができたらその敵が潜んでいることを口実にあらゆる方面を攻撃するという同じくアメリカお得意のテロとの戦い論のチャンポンになってるんですね。こういうえげつない手腕を学び取っているあたり、不謹慎ですが日本も伊達にアメリカべったりではなかったようですね。

それに今の段階でもかのイスラム国の一件で殲滅すべき標的の目星もある程度ついているようですし、上の雨も好き氏さんのコメントにあるようにマスコミの行使する報道しない自由が今回ばかりは彼らの首を絞めつつあります。

Re: タイトルなし

無位無冠さん、

まぁ、ああいう国ですから、誠実に約束を実行するなんて愚の骨頂です。
斜め上を行けば正解です。

でも卑怯な手を使わなくても、そうなるはずです。
銀行口座や不動産等は通名を放置しておけば本人でさえ確認ができなくなるのだから、韓国が何を言おうと無理な話です。
諸々の天引き云々は、送還がほぼ終了するまでは伏せておかれるでしょう、送還の障害になるので。

対する韓国は帰化人への韓国籍付与(=日本国籍はく奪)で対抗するでしょう。
これはかなり恣意的に狙われますね。
帰化の根拠のない人に対しても、一部行われるでしょう。
それにより、与党内で苦境に陥れられる議員も出るかも知れませんね。

まぁ、私の妄想ですが。

Re: No title

wakaさん、

そのとおりですね。

Re: 稀有な国日本を繋ぐ気概

雨も好きさん、

> 今回の在日対策も、もしかしたら安倍さん一人の改革ではないかもしれない(例えば、米の意向が働いているとか?)。

⇒ 米国の韓国切捨ての方針は、2007年には決まっていたそうです。

http://kt-yh6494.blog.so-net.ne.jp/2015-03-28 より抜粋

.....「第一次安倍内閣の時代、2007年日米極秘交渉があった。
「我々は日本側が一切の記録を残さないことを前提に提案を行う。
米国は韓国に対し、過去、現在、将来の各種分析を行った結果、同盟国としては不適格との結論に達した。よって経済的にはスワップの延長停止をはじめとして積極的に関わる援助等は行わないことを決めた。
 軍事に関しては、最先端軍事技術の供与停止をはじめとして軍事訓練等もそれを考慮して対応する。来る2012年米韓指揮権委譲後は速やかに在韓米軍の撤退をすすめ、統合司令部だけを残す予定である。
 その後の北朝鮮侵攻のような事態については、朝鮮戦争勃発当時とは大きく周辺国の状況が変化しているので、韓国の国防力と非参戦を考慮すれば米国や日本が巻き込まれることはないと判断している。原則、米国は介入しない方針だ。
 韓国との原子力協定改定を認めることはない。陰で核開発を進める国に核開発のお墨付きを与えるようなもので論外である。
 米中ともに朝鮮半島非核化を望んでいる。このままの中途半端な米韓同盟は北朝鮮の核武装を進め、それはIAEA脱退による韓国の核武装と必然的に日本の核武装につながる。 米国が半島から手を引いて日本とともに第一列島線防衛に専念することは両国にとっても多くのメリットがあると考える。
 半島は中国の影響を受け韓国は半属国となるであろうが、即、侵攻、占領のパターンは考えにくい。
 韓国が国として存在するならば中国は北朝鮮と韓国に自国の安全保障上、絶対に核を持たせないであろうから半島は非核化されるであろう。
 ついては事実上、敵となる韓国と直接向き合い対峙することとなる日本に対し、米国は以下の対応をとる。まず日米安保の密接強化。軍事共同訓練の強化。日本の防衛力強化への協力。また戦後の軍事産業にかかる制限や規制を原則解除、容認、黙認することとする。 米国は直接の脅威となりうる原潜と大陸間弾道弾は認めないがそれ以外は注文をつけない。日本の国内事情が許せば、中国に対する抑止力の範囲で核弾頭を売却してもよい。日本が軍備増強し、中国に対する核抑止力を持つことはアジアの平和、世界の平和につながると我々は確信している。日本はこの提案を踏まえて適切な対応をとられたく思う」

個人的には、韓国の前大統領からも現大統領からもさらには朝日新聞からも、強烈に反日を進めることことが最終的には最も親日的な結果になる、そういう信念(?)をおぼろげに感じます。
つまり断交して、日本は朝鮮半島には一切関わらないのが一番幸せですね。
まぁ、これに耐えることはかなり不快ですが。


> 私は、シビアな目で安倍さんを見続けますが、彼は歴史に残る宰相になると思っています。

⇒ 全く同感ですが、日本がデフォルトあるいはデノミをせざるを得ない状況に陥ったとき、非常に苦しい立場になりますね。
原田氏によると、強力な首相でないと務まらないから、彼が選ばれたのだそうですが。
でも、これも乗り越えて欲しいですが。
 

自立した国として

みなさま、情報有難うございます。
暑い夏になりそうですね。

>我々は日本側が一切の記録を残さないことを 前提に提案を行う。

と言いながら、こうして記録を残した人は、ベリー グッジョブ!?(笑

アメ兄が、核所持も許可と折角、提案してくれてるんだから、私の目の黒いうちに、日本も所持して欲しいです。
(問題は国内のアースマザーたちね(笑))

ブランド志向の私としては(ウソ)、名実の国防軍と核を持ってこそ、一人前の《国家》と考えております。
他人さまの傘は、早くお返ししたく。

Re: 自立した国として

雨も好きさん、

> アメ兄が、核所持も許可と折角、提案してくれてるんだから、私の目の黒いうちに、日本も所持して欲しいです。

⇒ 核兵器に関しては、憲法上の解釈では「自衛権の範囲内であれば保有も可能」なんですね、そもそも。
あえて作らないまま今に至っているだけです。

NATOでは、核兵器をシェアリング(共有)しています。
あるいは米軍から、核兵器をレンタルするとか。
やり方はいろいろとあるかと思います。
 

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters