竹島について

 
新しい日本の教科書に竹島の記述がなされたということで、韓国と日韓両国のマスゴミが発狂していますが。

今回韓国で見つかったのは、竹島侵略後5年も経った教科書に、竹島が韓国領として入っていないという点です。
壮大な自爆ですね。(笑)


韓国の検定教科書で“墓穴” 教科書「わが国の地理」で竹島が“範囲外”
2015.04.06 zakzak


 韓国が、不法占拠を続ける島根県・竹島(韓国名・独島)について、大きな墓穴を掘ったといえる検定教科書を出版していた。自国の東端を、竹島より西側として記述しており、竹島を自国領から除外していたのだ。日本政府が国際司法裁判所(ICJ)に提訴する際、韓国のウソを打ち破る補完証拠になるのか。

 注目の教科書は、1957年に発行された中学生用の社会生活科の教科書「わが国の地理」。現在もソウル市内にある教科書出版社「一潮閣」から出されたもので、「韓国文教部(現・教育部、日本の文科省に相当)検定済み」と表紙や前書きに明記されている。

 領土問題に関心がある西日本在住の男性が大阪市内の古書店で発見し、2000円で購入した。「朝鮮大学校蔵書」という印もあり、北朝鮮系の朝鮮大学校(東京都小平市)から流出したようだ。

 教科書では「わが国(韓国)の位置」を「東端…東経130度41分22秒」と記載していた。つまり、韓国が現在、東端と主張する竹島の位置(東経131度52分)から約130キロも西側(韓国寄り)が、自国の東端と教えていたわけだ。

 この教科書が注目されるのは、韓国の李承晩(イ・スンマン)大統領=当時=が日本海に一方的に「李承晩ライン」をひいた52年から5年後に出版されていることだ。韓国政府は54年に海洋警察隊を島に常駐させ、現在に至る不法占拠につなげているが、57年の出版時点でも、韓国は「竹島領有」を子供たちに教えることに自信がなかったとも受け取れる。

 朝鮮半島の地図は約20枚使用されているが、竹島が出てくるのは、日本の漁船の操業禁止区域を示した地図1枚のみ。地誌の説明もあり、わずか4行だが「独島」という項目もあった。

 そこには、「昔からわが国の領土であることが確かにもかかわらず、近海の漁場を狙う日本人どもが自分たちの土地だと主張して問題になっている」という説明に続き、「この島は人の住まない2つの岩に過ぎない」と、あまり重要でもなさそうな記述になっている。

 現在、韓国は官製パンフレットで「わが民族誇りの地」「先祖の魂をそっくりそのまま宿している、われわれの希望の拠り所」などと、太古の昔から聖地だったかのように仰々しく崇めている。同じ国の政府が認めた記述とは思えない価値観の変貌ぶりだ。

 竹島問題に詳しい拓殖大学の下條正男教授は「韓国は当時、竹島を占拠して、自国領という捏造工作を進めていた。こういう(墓穴を掘ったような)資料はたくさんあり、この教科書も失敗作の1つだ。問題は、日本政府が適切に反論してこなかったこと。日本漁船が拿捕され、日本人漁師が抑留された背景もあったのだろう。ただ、国家主権では妥協してはならない。韓国を論破する戦略・戦術を整えるべきだ」と語っている。




でもそれよりはるか以前(1899年/併合以前)から、そもそも竹島は大韓帝国領には入っていなかったんです。
やつらには、そういう認識がなかったんですね。

おまけに「東海」ではなく、「日本海」 (笑)
まぁ、バカだとしか言いようがないですね。

相手にはしないことです。

大韓地誌 (ウィキペディアより)

大韓地誌(だいかんちし)は、帝政時代の韓国で編まれた地理書。1899年に書家としても知られていた玄采が著した。19世紀末の朝鮮半島の地理を詳細に記述している貴重な書籍で、韓国の学校教育でも使われていた

大韓地誌1

日韓双方が領有権を主張している竹島(韓国名:獨島)を巡る問題で、この大韓地誌に記載されている領域が問題になっている。それはこの書籍には、大韓帝国の領域は北緯33度15分から北緯42度15分、東経124度35分から東経130度35分までと記しているが、実際の竹島の位置は北緯37度14分、東経131度52分であり、大韓帝国の領域に入っていない。(韓国側では大韓地誌の経緯度表示は日本の地理書の内容をそのまま翻訳したからだと駁している。)この領域認識は日本の統治から解き放なたれた1945年以降にも見られ、当時の韓国においても竹島は韓国領でないと広く認識されていたと考えられる。

また、韓国は「日本海」の呼称は「東海」が正しいと世界に呼びかけているが(日本海呼称問題)、この大韓地誌では日本海としている。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters