パラオと言えばこれ。(笑)

 
天皇皇后両陛下がパラオに行っているそうですが。

パラオと言えば、やはりこれ、KBブリッジですね。
大半の読者さんは既に知っているかとは思いますが。

韓国の業者が施工し、20年ほどで崩壊、、、 (注:文中にある「半年」は誤りのようです)
その後業者は倒産したと言って逃亡、韓国政府も無視。

しかたがないので、日本が無償で架け替えました。
悪い話といい話が、それぞれ両極端ですね。

パラオKBブリッジ@韓国製 半年で崩壊
http://www.asyura2.com/0406/idletalk10/msg/583.html
投稿者 ねこ 日時 2004 年 8 月 29 日 15:26:52:9Uw8PbWd453oQ

(回答先: 韓国旅行要注意 -あなたはレイプされにかの国へ行くのですか? 投稿者 ねこ 日時 2004 年 8 月 29 日 14:04:48)


http://gomushi.at.infoseek.co.jp/world/palau/003.html

 パラオ本島とコロール島の間に約200メートルの橋が架かっています。これがKBブリッジです。実はこの橋は1996年に一度崩落しているのです。

 KBブリッジは、「Koror-Babeldaob Bridge」 の名前のとおり首都コロール島と空港のあるバベルドアブ島を繋ぐ橋で、島国パラオの交通の要衝として1977年に開通しました。

 建設するにあたり日本の鹿島建設も見積りを出したのですが、韓国の下請け会社が日本の半額で落札し、工事を行いました。ところがこれがひどい手抜き工事だったようです。コンクリートの固め方でさえでたらめだった。と言いますから恐ろしい限りです。その様子をつぶさに見ていた現地住民は当初からこの橋に不安を抱いて
いたようで、車で橋を渡るときは、もし海に落ちてもすぐ逃げられるようにと必ず窓を開けていたそうです。
 また、竣工直後から橋の中央部がたわみはじめ、15tだった通過制限重量がすぐに10tにまで減らされました。このたわみはやがて、通過する時おかしな揺れを体感できるほどに大きくなり、崩落事故の起きる頃には、徐行運転で渡るほかないという状態に陥っていたのです。

そして1996年9月28日、悪夢は現実となります。

KBブリッジは突如真っ二つに折れ海に突き刺さりました。

たまたま通行車両の少ない時間帯だったのですが、1名死者も出てしまいました。

 橋の内部には電線、水道、電話線が通されていたため、パラオのライフラインは分断され首都機能は麻痺。一時は国家非常事態宣言も出されました。この時、パラオと姉妹都市の三重県からはコンテナ空輸で飲料水が運ばれています。

 パラオ政府は、すぐに橋を造った韓国の業者に賠償請求しようとしたのですが、この時すでにこの会社は解散していて、手がかりすらなかったそうです。これは一体どういうことなのでしょう?この建設会社は1994年にソウルで崩落した橋を施工した業者でもあったというのです。

 ともかく途方に暮れるばかりのパラオ政府だったのですが、日本ではまず仮設橋の建設を援助し、日本のODA政府開発援助により約30億円の新たな橋を無償で架ける事になりました。施工にあたったのは因縁の鹿島建設です。工事中、現地の人達は「カシマ」という言葉を覚え、日本人を見掛けると「ありがとうカジマ」と声
をかける子供もいたそうです。

 実に5年の年月をかけ、橋は完成しました。2002年1月11日、開通式典が開かれ、橋の新しい正式名称が発表されました。

その名も「Japan-Palau friendship bridge」

 太平洋上を走るこの橋は、3000kmの距離を越えてパラオと日本に新たな時代の友情を結ぶ、「友好の橋」なのです。



 
 
韓国のこのやり方。
この橋だけには限りません。

世界中のあちこちで犠牲者が、、、
バカですね。

まぁ、自己責任ですが。
高い授業料になります。

なぜこんな商売が成り立つかというと・・・。
最初からまともなものを作るつもりなんて気持ちは、さらさらないからです。(笑)

お金は賄賂等々で、両者がおいしくいただいて、残ったお金で適当なものを作る。
だから半額で落札しても、十分利益が出るんですね。

出来上がったものがすぐに壊れて機能しないことを除けば、ほかには誰も困らないんです。
ばれたら偽装してでも倒産、解散させれば、責任を負わなくても済みます。
韓国政府も無視を決め込みます。

よその国が困れば、むしろそれは彼らの実績であり、誇りでもあります。
そういう国なんですね。

何とかタワーだとか、インドネシアの製鉄所だとか、中東の原発だとか・・・。
今後ももいろいろと問題点が出てくるかと。(笑)

韓国の入札へ参加を認めない。

たったそれだけで解決するんですが、簡単なようでもどこの国も出来ないんですね。
とても不思議ですが。

 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

No title

やっぱり韓国の入札を認めた国には(日本ほど顕著ではないでしょうが)韓国の賄賂や女になびく売国奴が一枚噛んでいる可能性が高いのだと思いますね。それに記事本文にあるように彼らは逃げ足だけは早いですし、大多数の人々は韓国の悪事に目がいって売国奴本人は注目されることは少ないです。そう考えるとそのような輩にとって韓国はある意味理想の「投資先」なのでしょう。それに橋や製鉄所といった建造物絡みだけではなく、韓国F1やオリンピック誘致などにも同様の手段が行われたであろうこと、そしてそれらの末路も想像に難くありません。

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters