イルカの大量死: 直接的な原因は潜水病かも

 
数日前にイルカが大量に打ち上げられましたが。

その直接的な原因は、おそらくこれでしょうね。
俗にいう潜水病です。

これだけあちこちで何回も打ち上げられていても、まだ専門家は分からないのでしょうかね??

減圧症 (ウィキペディアより)

減圧症(げんあつしょう)は、身体の組織や体液に溶けていた気体が、環境圧の低下により体内で気化して気泡を発生し、血管を閉塞して発生する障害の事である。潜水症(病)、潜函症(病) 、空気塞栓症、あるいは ケーソン病 とも呼ばれる。

概要

気体の体積はボイル=シャルルの法則の法則によって一般に圧力に反比例[1]する。高圧下では体積が大変微小で液体中にあった気体が、急激な減圧により体積が膨張して大きな気泡を生じ、これが血液内で起きると血管を塞栓し循環器系に血行障害をひき起こす。通常、酸素や二酸化炭素など、血中に溶けこんでいる気体濃度は呼吸によって速やかに排泄されるが、窒素はすぐには排泄できず、これが典型的な減圧症の主な原因となる。より高圧な環境で使われる大深度潜水に用いられるヘリウムが原因になることもある。

急激に減圧が発生する環境下で発症し、これを減圧症と呼んでいる。スクーバダイビングやケーソン工事、与圧された旅客機において何らかの原因で急減圧が生じたときや、戦闘機で急速上昇を行った場合、高高度において爆撃機に搭乗中に被弾した場合、宇宙服で宇宙空間に出た場合などが知られる。

日本国内では、西伊豆でスクーバダイビングを楽しんだあと、箱根を越えて帰宅する場合に発症するケースが多く報告されている。

症状

急性症状としては関節痛(ベンズともいう)が典型的である。重症例では呼吸器系の障害(息切れ・胸の痛み)やチアノーゼが見られることもある。生涯にわたる神経系の損傷等、重篤な後遺症を招くケースも少なくない。

ごく軽い減圧症では、ごく微細な毛細血管のみが閉塞し、これらの急性症状が見られないこともあるが、この程度の減圧症でも長期的には骨の組織壊死を招くことがある。

治療

高圧酸素療法が、ほぼ唯一の治療法である。自然治癒はしないものと考えた方が良い。発症後できる限り早い時期に治療を開始することで、後遺症を最小限に留めることができる。特に重症のときは一刻を争い治療を開始する必要がある。緊急的には、再度潜水して気泡を縮小させ症状を軽快させる(フカシと言う)ことも行われないわけではないが、一般には推奨されない。

救急処置として(常圧の)純酸素を呼吸させることで、血管の閉塞に起因する低酸素状態から発生する障害や後遺症をある程度緩和できる可能性が高い。減圧症が疑われる場合には、可能な限り早期に最寄の医療機関を訪問し、あるいは救急車を呼ぶなどして酸素吸入を開始し、その後高圧酸素療法を施行可能な医療機関に移送すべきである。

高圧酸素療法は、どこの医療機関でも施行可能な治療ではないが、大学病院等の高度医療機関、労災病院、沿岸部の公立病院等、減圧症患者の来訪頻度が高い医療機関には施行設備が設置されていることが多い。また徳洲会系列の病院は、経営方針として高圧酸素療法の施行設備を有している場合が多い。同時に多人数の患者を治療することはできないため、訪問予定の医療機関が、減圧症患者の受け入れ可能な状態にあるか否か、あらかじめ確認してからの受診が望ましい。

潜水病の医学的研究機関として海上自衛隊の潜水医学実験隊が横須賀市に設立されている。また、空中での減圧症については、航空自衛隊の航空医学実験隊で研究されている。

予防

減圧症で塞栓を起こす原因物質は呼吸によるすみやかな代謝が期待できないため、減圧にゆっくりと時間をかけ体外への自然排出を行うことで予防できる。戦闘機搭乗や宇宙遊泳などでは、減圧症を発生させにくい純酸素を呼吸して予防することもできるが、このような特殊な環境下でなければ通常はスクーバダイビングなどをする場合にのみ注意すればよい。

PADIなどの指導団体の教則では、水面に浮上する前に水面下数mのところで静止させている。淡水では海水より浮力が強く、また高地でのダイビングでは、さらに慎重さと一層の技量が必要になる。ダイビング一般に、スクーバダイビングを行ってから24時間までは飛行機への搭乗を禁止し、また、ダイビングの直後に高山に登ることを禁止するなどの指導がある。

なお、潜水直後の飲酒は代謝を乱すため減圧症を招きやすい危険がある。



打ち上げられたイルカ 研究者らが原因調査
4月11日 12時34分 NHK

10日、およそ160頭のイルカが打ち上げられた茨城県の鹿島灘に面した海岸では、海洋生物学の研究者らが死んだイルカを解剖するなどして、大量のイルカが一度に打ち上げられた原因を調べています。

鹿島灘に面する茨城県の鉾田市から鹿嶋市にかけての海岸では10日、イルカの一種のカズハゴンドウ、およそ160頭が打ち上げられているのが見つかりました。多くは、すでに死んでいますが、11日も地元の人たちがまだ生きているイルカを海に戻そうとしていました。
一方、海岸では、ふだんハワイなどの暖かい海域に生息するこのイルカが大量に打ち上げられた原因の調査も始まりました。国立科学博物館などの海洋生物学の研究者たちが、死んだイルカをテントの中で解剖するなどして、特定の病気にかかっていないかや寄生虫がいないかなどを確認しています。
国立科学博物館の山田格名誉研究員は「現場で確認したかぎり、がんなどの明らかな病変は見つかっていません。水温の低いところに入り込んだことが影響した可能性や、シャチなどの天敵に追われた可能性も含めて詳しく調べたい」と話していました。


 
 
おそらくエサとなる魚を追い詰めようと深く潜っていたとところで、何かに出くわして驚いたんでしょうね。
そして慌てて浮上した。

その結果、急性の潜水病に、集団で罹ってしまった!!

問題は、それが何であるかですが。
何らかの自然現象かも知れないし、潜水艦か何かかも知れないし、シャチのような天敵かもしれません。

 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters