自民党 NHKとテレ朝の幹部を呼び聴取へ

 
はははっ。
どんどんやれ!!

自民党 NHKとテレ朝の幹部を呼び聴取へ
< 2015年4月14日 19:21 > 日テレニュース24


 自民党が17日にNHKとテレビ朝日の経営幹部を呼び、最近問題となっている報道番組の内容をめぐって、直接、事情を聞くことが分かった。

 複数の関係者によると、自民党の情報通信戦略調査会は、NHKからは「クローズアップ現代」でヤラセが指摘されている問題について、また、テレビ朝日からは「報道ステーション」でコメンテーターの古賀茂明氏が一方的に政権批判したことについて、話を聞く方針。特に「報道ステーション」をめぐっては、古賀氏が菅官房長官を名指しして「バッシングを受けた」と一方的に述べる展開となった点などについて、第三者も加えた検証の必要性などをただすものとみられる。

 政治とメディアの関係に詳しい上智大学の音好宏教授は、こうした自民党の異例の対応について、「政権・与党側がメディアを呼びつけるのは、成熟した民主主義の中では、相当注意しなくてはいけない」と述べた。また、「政治的なパフォーマンスと考えているかもしれないが、国民からは支持されないだろう」と指摘している。



 
 
メディアの暴走は止まりませんね。

メディアの放送権は許認可制度ですが、暴走を止めさせようとしても、実際のところうまく機能しません。
抜本的に制度を変えるべきですね。
(というか、近い将来いずれ殲滅されるだろうから、まぁどうでもいいと言えばそうですが)

例えば、
①:空港のように、施設運営会社と航空会社を分ける。
  ⇒ 少なくともNHKはそうするべき。
     設備は国が保有、番組のみNHKが担当する。
     明らかに不適切な番組は放映しない。

②:自動車免許証のように、定期的に更新する制度にして、莫大な手数料を取るとか。
  ⇒ 民放はこっちでも可。
     査察の合格を必須とし、1年更新で100億円でも取れば、おとなしくなるはず。(笑)
  
ちなみに、製薬会社では②のタイプ(3年更新)です。
不正の防止効果は絶大です。
まぁ、社員は泣かされますが。

 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと。 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters