無茶苦茶の語源!?

 
お茶の起源が韓国だと、、、またいつもの病気ですね。
お茶を通して礼儀を知るようになるのは正論ですが、それを言っているのが礼儀知らずでは・・・。

こういうのを無茶苦茶と言います。
こちらの語源は、韓国かも知れませんね!? (笑)

http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1431402180/-100
【韓国】 茶文化で伝統いかして百年の計を ~中国と日本の茶も韓国から渡った[05/12]

[仁川日報・社説] 茶文化で伝統いかして百年之大計を

来る16日、仁川で'茶の饗宴'が行われる。 '第35回茶の日記念、第26回全国茶人大宴会'が
開かれる。この行事は、全国の2000あまりの茶人たちが参加する国内最大の茶のイベントといえる。

ソウルに本部を置いている韓国茶文化協会が閨房茶礼保存会とともに主催する同行事はいつも
仁川で開かれた。 これは韓国茶文化協会理事長が、仁川に縁故を置いているためだった。

昨年まで、韓国茶文化協会理事長は、故イ・グィレ理事長が歴任し、今年からはチェ・ソヨン
嘉泉大学教授が首長を引き受けて推進することになった。このために'全国茶人大宴会'は
仁川の行事として多くの人が認識している。

茶人大宴会は、特に茶に砂糖を入れて飲むとか、茶(チャ)といえば自動車=車(チャ)と認識して
いた時代から行事を開始して、26年間進めてきながら私達の茶の大衆化に大きく貢献した。

茶の重要性はその風味、ほのかな味、抗がん効果といった健康だけにとどまらない。我が国の
茶は'茶礼'とともに継承されてきたという点に注目しなければならない。

子供たちはお茶を飲む、茶道、茶礼を通じて礼儀作法を知るようになる。 茶の根本精神が
「自身を低め他人に配慮すること」だからだ。

お茶を煎れて注ぎ飲む過程は茶の味くらい、品があり丁寧だ。 座布団を敷き座る方法から、
両手で茶を注ぎ飲みながら自然に礼儀を伴わざるを得ない。

茶を学んだ子供たちの普段の行いを見ると、普通の子供たちとはずいぶん違う。 目上の人を
敬うことができて、国の大切さを悟っている場合が多い。

来る16日のイベント場に行ってみれば分かるだろうが、韓国茶文化協会で教育を受けた子供
たちの姿が皆そうだ。親を告発して先生を暴行する世相の中で、茶文化教育はいい大人に
育てるという点で正規の教育に盛り込むことも考慮してみる価値はある。

韓国茶文化協会によると、中国と日本の茶も我が国から渡ったという記録を発見することが
できる。


日本の象徴である桜が、我が国済州より生じた報道からわかるように、私たちのものは、
私たちが知らず知らずのうちに外国のものに変わった場合が多い。

お茶文化の活性化を通じて仁川のブランド価値を高め、百年の計を作っていこう。

※機械翻訳
http://www.incheonilbo.com/?mod=news&act=articleView&idxno=581061



http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1011118850
「無茶」の語源

 「無茶」の語源を教えてください。 
 「無茶をするな!」や「無茶苦茶」というように「無茶」という言葉を使いますが、「無茶」というのは、【お茶が無い】ということになりますが、それが、どうなったら、無茶になるのでしょうか?

ベストアンサーに選ばれた回答

《むちゃ》
筋道の立たないことや常識にはずれたことをいうことば
日本では、昔からお客さんが来ると、お茶を出すのが習慣になっています。昔はうっかりして お茶を出すのを忘れたりすると、お茶を出さない、つまり「無茶」だと言って責められたそうです。そこから、「無茶」という言葉ができ、筋道の立たないことや常識にはずれたでたらめなことをいう意味になったということです。
とのことです
苦茶はお茶は出してくれたけど苦くてとても飲めるようなものではなかった、ということでしょうか
http://www1.neweb.ne.jp/wa/akiakane/sensei/ssensei06.html



 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters