在日帰還とハーグ条約

 
これから大量に出てくると思われる国際離婚。
在日の帰還に伴って、事実上、家族生活が成り立たなくなります。

今までの行ないが行ないなので、同情する気は全くありませんが。
でも一部に善良な方が含まれているのも事実かと。

それと共に、気になるのはその子供たちの行方。


ところで、子供の利益の保護を目的とした条約があります。
いわゆるハーグ条約ですね。

問題は、国際離婚した場合の子供の扱い。
日本と欧米では社会風習が異なるんですね。

欧米基準だと、親が子供を勝手に連れて帰国すると、何と「拉致」扱い!!
日本では、母親が子供を引き取るのが一般的ですが、欧米ではそうではないためです。

日本は先般条約に加盟し、2014年4月1日から既に法的効力が発生しているそうです。
何故ごく最近になって加盟したのか、、、意味深ですね。
日本人の血が混じる子供たちやその日本人親たちへの、僅かばかりの温情のようにも思えます。

条約によると、とりあえず16歳までは、いま住んでいる国(=日本)に残ることを保証されるようです。
その後は、韓国籍の離脱が認められず、その結果日本を離れざるを得ない流れになるのかと、おそらく。

まぁ、運命ですな。
国際結婚を選んだ親を恨むか、今までさんざん悪事をはたらいた先祖・民族を恨むしかないでしょう。


国際的な子の奪取の民事上の側面に関する条約 (ウィキペディアより)

国際的な子の奪取の民事上の側面に関する条約 (英語: Hague Convention on the Civil Aspects of International Child Abduction / フランス語: Convention de La Haye sur les aspects civils de l'enlèvement international d'enfants) とは、 子の利益の保護を目的 として、親権を侵害する国境を越えた子どもの強制的な連れ去りや引き止めなどがあったときに、迅速かつ確実に子どもをもとの国(常居所地)に返還する国際協力の仕組み等を定める多国間条約で、全45条からなる。日本は2013年5月に国会で承認された。 ハーグ国際私法会議にて1980年10月25日に採択され1983年12月1日に発効したハーグ条約のひとつである。未成年者が連れ出された国および連れ込まれた国両方が条約加入国である場合のみ効力を有する条約である。

2011年7月28日現在は欧州および北南米の86カ国が加盟している一方でアジアやアフリカの国の殆どは加盟していないが本条約は欧米諸国を中心に作成され調印されたものである。調印当時、途上国出身(特に夫に親権が自動的に与えられる回教国)の夫が離婚後に母親に親権を(半自動的に)与える欧米の家庭裁判所の判決を不服として夫の出身国に略取することが社会問題化しており、これに対応するために条約が作成されたため「子供の元の居住国への迅速な送還」を重点に条文が書かれた。このため、略取先の国の家庭法および略取における両親の個人的な内情などは意図的に一切考察されない。略取先の国は外国の裁判所で親権に対する判断がなされた事実が確認された時点で迅速に強制執行を行わなければならない。しかし非欧米の国と欧米の国の国際結婚の場合は大抵の場合は欧米の国が子供の居住国となっているので実際の執行においては大抵の場合は非欧米国から欧米国に子供を引き渡すという内容となるため欧米の文化圏(欧州、北米、南米)以外の国は日本も含めてほとんど条約に調印しなかった。 近年、批准国は増加しつつある。Wikipedia英語版によれば、2012年末現在で89ヶ国が加盟しており、韓国では2013年の3月より条約の効力が生じる。 近年、国際結婚後、欧米、特に米国に移住した日本人女性が結婚の破綻後に子供を日本に連れて戻った結果、子供を連れ去られた外国人の配偶者が長年に渡り(あるいは半永久的)子供から引き離されて救済手段がないという事態が過去の累計で数百件ほど起こっており、この理由から欧米加盟国から日本の加入が要求されていた。

日本では家族法上子の親権者を夫婦のどちらか一方に決めておかなければ離婚は認められず、子の養育の権利・責任(親権)は母親が引き受ける法判断が定着している(判例では、母親側によほどの問題がない限り、親権は母親に渡されるのが通例である。ただし10歳以上の子が自らの意思で父親を選ぶ場合は除く)。ただし、法律的には母親に親権を与えると明記されているのではなく、単に離婚裁判が起こった時点での子供の居住者に親権を与えるという判断がくだされるだけで、この場合の居住者の大半が母親であるという事実を追認しているにすぎない。一方で欧米の場合は養育者・育児者(Primary Carer)に親権を与える判例が確立しており、この場合に母親が育児を行う場合が多いという一般の家庭事情を反映している。米国やフランスなどでは両方の親に親権が与えられ、他の母親に親権を与える国でも父親の面接権を確保するために母親と子供の(外国への)移住を法的に制限するなど法令が制定されているため、この条約を締結および執行した場合、単独親権制に基く日本の伝統的な慣行(親権を取った母親は父親の同意なく子を移住させて構わないし、父親に認められた面接交通権を実施してなくても問題ない)と衝突して、国内で摩擦を生むこと、現実問題として、日本人の母親が米国などの外国の現地法を犯して子を日本に連れ帰っていることが殆どであり、連れ帰った母親からの非難が予想されたため、加入には消極的であった。しかし、国内外において国際離婚に伴う子の略取問題への関心が高まっていることと、欧米、特に米国の強い圧力などの理由から2011年5月に政府は加盟方針をうち出し、 国内法制との整合性調整等の条約締結へ向けた準備を開始し、2014年4月1日から日本について効力が発生することとなった。


概要

この条約は、親権を持つ親から子を拉致したり、子を隠匿して親権の行使を妨害したりした場合に、拉致が起こった時点での児童の常居所地への帰還を義務づけることを目的として作られた条約である(条約前文)。あくまでも子供の居住国の家庭裁判所の権限を尊重するために作られたもので、子供の親権や面接交渉権に関して判断を下すものではないが、条約の執行において結果的に居住国側の法律が優先されて執行することとなる。

子どもが16歳に達すると、この条約は適用されなくなる(第4条)。また拉致された先の裁判所あるいは行政当局は、子の返還を決定するに際して、子が反対の意思表示をし、子の成熟度からその意見を尊重すべき場合は、返還しない決定をすることもできる(第13条2項)。ただしアメリカでは、「子の意見を聞くことは、子の心に負担をかける。親のうち一方を選び他方を捨てる判断を子にさせるべきではない。」との意見から、子は自分の意見を返還裁判で言うことすら許されない運用をされる場合がある。

この条約は最終的な親権の帰属を規定するものでなく、あくまでも児童の常居所地国への返還を規定するものであり、親権の帰属については別途法手続きを行うことになる。ただし、親権者が誰になろうが、子は強制的に返還された国から出られなくなる点には注意が必要で、単に裁判管轄を決める条約ではなく、子が生育する場所を最終的に決めてしまうという重大な効果を持つことを認識すべきである。

この条約は子の利益を守ることを目的とすると条約前文には記載されている。しかし、もともとは先進国で子供が外国、特に途上国に連れ去られた場合に、その子供を取り戻すことを第一の目的に作成された条約であるため、子供の元の常居国に子供を返還することを第一目的に作られている。子供の福祉に関しては、あくまでも子供の常居国の家庭裁判所の判断が最適であるとの前提で成り立っている。よって条約が実際に子供の福祉を最優先にしているのか、あくまでも調印国の政治的意図を優先しているのか判断が分かれる。しかし国際結婚等で夫婦間が不和となり、あるいは離婚となった場合、一方の親が他方の親に無断で児童を故国などの国外に連れ去ることがあり、それが児童の連れ去られた元の国では不法行為であっても、連れ去られた先の国に国内法が及ばないことから、連れ去られた側が事実上泣き寝入りを強いられる場合でも、常居国の家庭裁判所の権限の事実上の無効化を防ぐために子供を常居国に返還することを目的とするもので、どの国の家庭裁判所の親権や面接権に対する判断が子供の福祉に適するかを判断するものではない。 加入国は2011年6月14日現在85カ国であり、まだ国連加盟国192カ国の半数には達していない。ヨーロッパ、北米、南米、南アフリカ、オーストラリアなどの西洋文化圏の国のほとんどがこの条約を締結している。一方でアジア・アフリカ・中東のほとんどの国がこの条約を締結していない (締約国を参照)。

日本では、平成23年5月20日に加入が閣議決定されている。(「日本における事案・加入をめぐる議論」の節参照)が、この条約およびそれに伴う日本の家庭法の改訂は実際の運営において子供を連れ去った親(大抵は母親)から半永久的に引き離す結果となる可能性があるなど、個人の家族の営みに直接介入し不可逆な結果に至る場合があるだけでなく、調印国の間でも条文のDV被害に対する不備などのために虐待する夫が出身国に逃れた母親と子供を強制的に連れ戻す手段として悪用している事実が確認されていたり(下記:DV問題)、その他にも日本人女性の配偶者などに子供を日本に連れ去られ、面会交流も実施されず長期間父子の引き離しの被害にあっている親子の問題点(下記「実務上の問題点」参照)などが識者の間でも指摘されており批准の今後の進展が注目されている。


ハーグ条約 締結国

   濃い色: 本条約の締約国 (ハーグ国際司法会議の構成国)
   薄い色: 本条約の締約国 (ハーグ国際司法会議の構成国ではない国)



このハーグ条約。
図を見ると、一応韓国も入っているようですね。

まぁ、条約を守る国ではありませんが。
でも特に日本が絡むとなると、その思考回路は基地外全開に・・・。

 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

在日犯罪、増えてますね

最近とみに、人が生まれ持つ境遇、特にどの国に生まれ落ちたか、の持つ意味の大きさを、改めて考えさせられ
ます。
そして、年齢を経るごとに、歴史ある日本国に生まれた「幸運」を、感じるようになりました。先人達に感謝。

少々スレチかもですが、先日コメにて触れました、韓国の未兵役者への親族にまで及ぶ罰金につき、参考記事がありましたので、貼らせて頂きます。

記事中頃、*在日徴兵法案の概要*、ご参照あれ
http://kt-yh6494.blog.so-net.ne.jp/2014-10-08

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters