神社に油をまいた犯人は、やはり帰化人だった!!

 
全国の神社で油をまいた犯人。

米国在住、キリスト教系宗教団体創立者の医師だそうですが。
怪しいキーワードが並びます。
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5848.html

テレビ報道にはモザイクが掛けられていましたが、犯人の公式サイトと映像が重なります。
犯人は、この人物に間違いないでしょうね。

さてその犯人ですが、やはり帰化人だったようです。
官報に記載があるので、もう確定ですね。

金山昌秀は帰化人

 
 
産婦人科医師だとのことですが・・・。

ご存じのとおり、韓国の裕福な子女は米国で出産することが流行っています。
米国籍がもらえるからですね。

おそらく、その仲介をしているんでしょうね。

 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

不快な男ながら

Hahaha、ここにも、時局を読めない、大KY男。同胞の首をそっくり絞める結果に。これで懸念だったコリア系帰化人の扱いが、ぐっとシンプルに,,,,。
英語も喋れて医者、台湾含め全国で講演って、一応、インテリ?・・・でも、やってることアレコレ、おつむのねじ、はずれまくりだからぁ。

http://kt-yh6494.blog.so-net.ne.jp/2015-06-03

米国籍目当てに米国で出産。やっぱりこれから始まる日韓共同の除鮮から逃れる為なんでしょうかね?その頼みの綱の米国でも韓国の今後の立場次第ではかつての日系人収容のようにかなり過激な除鮮が行われるでしょう。かといって中国側につけば文字通り搾取された挙句に中国崩壊の際に道連れにされる、あるいは混乱に乗じた北朝鮮の南進が行われて朝鮮半島統一か。なんにせよ世界レベルで彼らの逃げ場所がなくなりつつありますね。

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters