梅田の串カツ店「松葉」13日から無期限休業…大阪地裁が立ち退き拒否認めず

 
大阪梅田の地下街。
いろんな店がありますね。

超一等地であるにもかかわらず、こういったお店は、月額2万円程度の破格の家賃なのだそうです。
露店扱いなのだそう。

おかしいですね。

終戦後の混乱期に、都市部の一等地が朝鮮人に不法占拠されました。
こういったお店は元を辿ると、そういった過去に行き着くのでしょうかね??


梅田の串カツ店「松葉」13日から無期限休業…大阪地裁が立ち退き拒否認めず
2015年6月13日6時0分 スポーツ報知


 大阪・梅田の地下道拡幅工事に伴って大阪市から立ち退き命令を受けた老舗串カツ店「松葉」が、命令の執行を停止するよう求めた申し立てに対し、大阪地裁(西田隆裕裁判長)は12日、却下する決定を出した。

 松葉の代理人弁護士によると、松葉は即時抗告してさらに争う一方で、店舗は13日からの無期限休業を決めた。即時抗告に対する高裁の判断が出る前に市が強制撤去に踏み切ることは可能。市は11日付で行政代執行法に基づく戒告書を交付し、12日までの立ち退きを求めていた。来週にも強制撤去に乗り出す方針だ。

 決定は「撤去により売り上げを失う損害は、事後的な金銭賠償で回復することができ、別の店舗で営業を継続することも可能だ」と判断した。



 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters