自衛隊員はエリートだった

 
今の自衛隊がエリート集団だということは知っていましたが・・・。
こんな高い競争を経て、入隊していたんですね。

だからこそ、粘り強く高い士気を保って活動できるんですね。
こんな状況なので、もちろん、徴兵制なんてありえません。

自衛隊 入隊競争率


社会の崩壊。
学校から始まって(学級崩壊)、今ではもう会社のレベルにまで達しています。

ごく当たり前の指示にさえ従わず、身勝手な行動をとる人間が増えているんですね。
集団の中に1人、2人もいれば、その集団は機能しなくなります。

もし徴兵制をやったら、レベルの低い人間に振り回されて、自衛隊も学級崩壊状態になります。
おまけに現代戦はハイテク戦。
ハイテクの機器が使いこなせなければ、役に立ちません。

そのためには、優秀な人物を集める必要があるんですね。
噂では、当人のみならず、親族一同までの思想等の調査が行なわれるとか。
これらにパスしなければなりません。

だから、徴兵制なんて、まぁ、ありえませんね。

 
 
日本の崩壊を望む反日野党。
徴兵制を嫌っていますが。

でも、本当は徴兵制を採り入れた方が、日本は崩壊するんですが。

 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

真のエリート

自衛隊が世界トップクラスで優秀であることは、厳しい訓練と日本人気質の賜物と、頭がさがります。

個別的自衛権だの日米同盟解消だの、現実無視の、所謂、脳内お花畑の人達は、その必然帰結が、軍事費や自衛隊員の何倍増になるとは考えないようですね。

↓シイさんの発言に至っては、ぶったまげました。大の大人が、よく言えたなと。ってゆーか、流石と言うべきか?
真夏前のホラー。アイスより寒気した。ほんと、コワイ。

「平和外交で友好関係を築き、自衛隊解消に向かう」 : 保守速報
http://hosyusokuhou.jp/archives/44538651.html

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters